• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2016.05.30()
ISU ONLINETOPICS受賞・表彰

亀山充隆教授がIEEE(米国電気電子学会)「ULSIWS貢献賞」を受賞

5月17日(火)、理工学部情報電子工学科の亀山充隆教授は、IEEE Technical Committee on Multiple-Valued Logic(IEEE多値論理技術委員会)より「ULSIWS貢献賞」を受賞しました。
今回の受賞は、亀山教授が25周年を迎えるPost-Binary ULSI Workshopの創設から尽力し、その長年の功績と多大な貢献に対して贈られたものです。
なお、亀山教授の専門分野は「リアルワールド応用知能システムとVLSIコンピューティング」です。
※IEEE「The Institute of Electrical and Electronic Engineers」(アイトリプルイー・日本語訳:米国電気電子学会)
アメリカ合衆国ニューヨークに本部がある非営利団体で、世界160カ国以上に395000人以上の会員を擁する技術者組織。コンピュータ、バイオ、通信、電力、航空、電子等の技術分野を扱い、国際会議の開催、論文誌の発行、技術教育、標準化などの活動を行っている。

亀山充隆教授がIEEE(米国電気電子学会)「ULSIWS貢献賞」を受賞01

亀山充隆教授がIEEE(米国電気電子学会)「ULSIWS貢献賞」を受賞02

「ULSIWS貢献賞」を受賞した亀山教授