• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2015.07.28()
石巻専修大学共創研究センターTOPICS

共創研究センターの研究成果を報告

石巻専修大学共創研究センターでは、平成27年7月23日(木)に『平成26年度共創研究センタープロジェクト事業(研究プロジェクト)』に関する研究成果報告会を開催しました。当日は7人の研究代表者から、地域課題に関心ある市民や学生等に対して、研究概要の紹介と成果について報告しました。

この研究成果報告会は、本学と地域との交流や協力が促進され、地域の持続的発展と、本学の研究活動の強化を目的として実施しています。特に、研究活動の強化では、学際的教育研究分野の開拓とともに、次なる展開へと結びつけることを狙いとしています。
研究成果報告会の様子

研究成果報告会の様子

研究成果報告会の様子

●報告した研究課題及び研究代表者
東日本大震災による被災と学生の健康指標等の関係に関する調査研究
(坂田 隆 理工学部 教授)
石巻まちあるきコースマップの制作
(庄子 真岐 人間学部 准教授)
極低濃度の放射性セシウムの濃縮法の検討とその応用
(福島美智子 理工学部 教授)
石巻市の食文化を生かした製品開発の方策に関する研究
(石原 慎士 経営学部 教授)
メディアミックスによる地域活性化手法の構築
(舛井 道晴 経営学部 准教授)
石巻市における交通事故情報共有システムの開発
(益満 環 経営学部 准教授)
GPSおよび遺伝子解析によるニホンジカ駆除法の確立
(土屋 剛 理工学部 教授)