日本学生支援機構奨学金

定期採用 4月に募集のガイダンスを実施

日本学生支援機構奨学金は、経済的理由により就学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。奨学金の種類は、第一種(無利子貸与)と第二種(有利子貸与)があります。
また卒業後は、返還の義務が生じ、毎月決められた金額を必ず返還しなければなりません。
※詳細については学生支援係までお問い合わせください。
奨学金の種類第一種 【無利子貸与】 第二種 【有利子貸与】
(利率変動性、利率は年3.0%上限。)
出願資格人物、学業ともに特に優れ、かつ健康であり経済的理由により修学困難な学生であって日本学生支援機構の基準に該当する者 
貸与月額自宅通学者:30,000円/54,000円から選択
自宅外通学者:30,000円/64,000円から選択
3万円/5万円/8万円/10万円/12万円の中から希望する額を選択
貸与期間貸与開始月から最短卒業年月まで 
募集時期毎年4月上旬(募集説明会開催については掲示にてお知らせします)
二次募集はありませんので、希望者は必ず4月に手続きをしてください
選考方法本学選考委員によって、人物・学業成績・家計状況等を総合的に判断したうえで、日本学生支援機構に推薦します。
申請基準を満たしていても推薦内示数によっては、すべて採用されるとは限りません。 
採用後の手続き 【奨学金継続願(年1回)】毎年12月頃「奨学金継続願」の手続をする必要があります。手続については説明会で説明しますので出席してください。詳細は掲示にてお知らせします。
※継続願の手続を怠ると奨学金が廃止となり、奨学生の資格を失います。 
返還手続この奨学金は貸付の奨学金であり卒業(修了)後、返還しなければなりません。採用時、または卒業年度の秋頃に奨学金満期予定者を対象に返還説明会を開催し、返還について説明します。対象者は必ず出席してください。詳細は掲示にてお知らせします。

緊急採用 応急採用

人物・学業ともに優秀、かつ健康であって、父母又はこれに代わって家計を支えている者(家計支持者)の事由により家計が急変し修業困難な学生に学資を貸与して、社会に有為な人材の育成に資するとともに、教育の機会均等などに寄与することを目的にしています。
この奨学金制度は2つのタイプ(緊急採用(第一種)、応急採用(第二種)があり、概要は以下の通りです。
※詳細については学生支援係までお問い合わせください。
奨学金の種類緊急採用(第一種)【無利子の奨学金】応急採用(第二種)【有利子貸与】
(利率変動性、利率は年3.0%上限。)
応募資格次のいずれかに該当する事由で家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要となった在学生
■家計支持者の失職(会社の倒産、解雇など)・破産・病気・死亡・離別
■火災、風水害、震災等の災害により災害救助法・天災融資法等の適用を受ける著しい被害
要件【学力】
以下のいずれかに該当する者 
1、大学等における学業成績が、平均水準以上である者
2、特定の分野において特に優れた資質・能力を有する者 
3、大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある者
4、その他特別の理由により、緊急採用の対象とすることが必要であると学校長が特に認める者

【家計】
以下のいずれかに該当する者
1、家計急変の事由が生じたことによりその後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実である者
2、家計急変の事由により、申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく減少した場合
3、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と特に認める者
【学力基準・家計基準】
以下の条件に該当する者
1、今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者
2、学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者
採用期間年間を通じて随時募集(ただし、家計が急変してかた12か月以内に申し込む必要あり)
貸与月額自宅通学者:30,000円/54,000円から選択
自宅外通学者:30,000円/64,000円から選択
3万円/5万円/8万円/10万円/12万円の中から希望する額を選択
貸与期間家計急変の事由が発生した月以降~採用年度末(3月)まで申込者が希望する月~最短卒業予定年月まで
支給方法指定された学生本人の口座に、原則として毎月入金

予約採用候補者へ

高校在学中に大学等奨学生採用候補者として採用が内定している者は、「大学等奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)」他を必ず提出してください。(「オリエンテーション日程表」を参照してください。)

在学届

高校在学中に日本学生支援機構奨学生であった者は、入学後、在学届を提出することにより在学中の返還を猶予されますので必ず提出してください。
提出用紙は「返還のてびき」に綴じ込んでありますが、ない方は学生支援係に申し出てください。