キャンパス・ハラスメント相談室

キャンパス・ハラスメントに対する取り組み

大学は多くの学生、院生が自由に学び、人格を陶冶する場です。同時に教職員にとっては教育、労働及び研究の場でもあります。こうした大学内では他の組織以上に各自の自由意思が尊重されねばなりません。大学の構成員が快適に勉学し、労働し、研究する環境を保持するのは、大学構成員各自の権利であり、義務でもあります。人としての尊厳を損ね、その人が快適に教育、労働及び研究する権利を侵害するキャンパス・ハラスメントは、そのような環境を侵害する、あってはならない行為の一つであると石巻専修大学は考えます。

本学は、キャンパス・ハラスメントの防止に努めるとともに、発生したキャンパス・ハラスメントに対しては、可及的速やかに、キャンパス・ハラスメントによって乱された秩序を回復し、学生及び教職員にとって快適に学び、研究し、または働く環境を確保するよう、努めます。

キャンパス・ハラスメントとは

キャンパス・ハラスメントとは、「相手方を差別的に取り扱うことにより不快感を与え、又は相手方を不当に取り扱うことにより人格を侵害し、若しくは不利益を被らせ、学修、教育、労働及び研究の環境を悪化させる行為」をいいます。キャンパス・ハラスメントには、セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメント、アルコールハラスメントその他のハラスメントを含みます。

キャンパス・ハラスメント相談室

ハラスメントの防止や問題解決のために、キャンパス・ハラスメント相談室を設置しています。もし、「ハラスメントじゃないかな」と感じることがあったら、一人で悩まず、相談室へ来てください。守秘義務を持った相談員が対応しますので、安心して相談してください。

相談受付窓口

場所:3号館2階
時間:10:00~17:00    
TEL :0225-22-7713(内線2241)
E-mail:camhara((a))isenshu-u.ac.jp
※迷惑メール防止のためメールアドレスの@を((a))と表記しています。送信の際は@にしてお送りください。

相談方法

  • 相談室に直接来室する。
  • 電話またはメールで予約を入れる。

相談受付から解決へ

(1)相談受付
相談は、ハラスメントを直接受けた者のほか、当該者から依頼された者又はハラスメントを見聞した者も行うことができます。
(2)相談
相談員は、相談に対して誠実に対応し、学生・教職員等の相談の内容を相談室長へ報告します。
(3)キャンパス・ハラスメント防止委員会
相談室長の報告に基づき、解決策を検討し、必要に応じて調査します。
(4)調査結果に基づく措置
防止委員会は、調査結果に基づき適切な措置をとります。

ハラスメントのないキャンパスに向けて

ハラスメントは不当な行為で、被害者を深く傷つけ、ひいては大学の修学・就労環境を損ないます。ハラスメントのない健全で快適なキャンパス環境を維持するためには、本学のすべての学生・教職員等は、普段から次の心構えをもつことが重要です。
(1)お互いの人格を尊重しあうこと。
(2)お互いが大切なパートナーであるという認識をもつこと。
(3)修学上の、あるいは職務上の上位者は、自らの言動のもつ影響力を自覚し、常に相手への配慮を保つこと。
(4)自らの言動が誤解を招かないように、日頃から周囲と十分なコミュニケーションをとるように心がけ、相互の信頼関係を保つこと。