• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

01 04

 
石巻専修大学図書館EVENT

図書館開館30周年特別企画 第2弾 「令和」の元号の由来を万葉集から紐解く

現在の「平成」にかわる元号が「令和」と発表されました。
出典は「万葉集」で元号の漢字を日本の古典(国書)から採用したのは確認できる限り初めてとのこと。

万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文から引用
「初春の令月にして 気淑(よ)く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披(ひら)き 蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す」との内容で、梅の開花とともに訪れた春への喜びをうたった部分である

そこで、図書館では、万葉集に関わる資料を集めてみました。
この機会に日本の古典をご堪能ください。

   展示期間 平成31年4月1日(月) ~ 4月25日(木)
     ※ 貸し出しもできます。

万葉2