• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

学長挨拶

石巻専修大学学長 尾池 守

 石巻専修大学は「社会に対する報恩奉仕」の建学の精神の下、この地域で唯一の高等教育機関として活動を展開してきました。そして今、建学の精神を具現化した21世紀ビジョン「社会知性の開発」を理念として掲げ、「学生第一主義」を基本に置いた大学運営を行っています。この建学の精神と理念を踏まえ、社会に輩出したい人物像として「社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、生涯にわたって学び続けることができる人」を定めています。

 今年度創立30年目を迎える石巻専修大学では、学部・学科ごとに、体系だった学問分野を学ぶとともに、専門を越えた社会知性を身に付けるために、他学科の授業科目を学ぶ学科間ジョイント・プログラムや、経営学部の学生が専修大学経営学部で半年間学ぶ国内留学制度など、多様な学びの道を用意しています。また、実社会で問われるコミュニケーション能力や体力、組織運営能力といった人間力を育成するために、サークル活動や自発的な研究活動などのサポートにも全力で取り組んでいます。石巻専修大学は「多様な学びの力で、学生一人一人が夢の実現に向けて飛躍できる大学」を目指しています。

 私立大学研究ブランディング事業では、地域資源の新結合による産業創出を石巻専修大学のブランドとすべく、その第一歩として、震災未利用地などに設けた水槽による魚介類養殖事業の創出を目指しています。未来の視点から考えて今なすべきことを、全学を挙げて推進します。
 
平成30年4月
学長 尾池 守 

学長プロフィール