18 11

13:00~17:30 専修大学神田キャンパス 2号館 3階 302教室
管理者用(広報課専用)専修大学EVENT研究社会知性開発研究センターSNS公開講座・シンポジウムEVENTEVENTFacebook

古代東ユーラシア研究センターシンポジウム(H29.11.18)

ベトナム・日本の交流よりみた前近代東ユーラシア

趣旨2014年度、専修大学社会知性開発研究センターに附置されている古代東ユーラシア研究センターの研究プロジェクト「古代東ユーラシア世界の人流と倭国・日本」が、文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択されました。
本センターは、東アジア世界史研究センターの研究プロジェクト(2007~2011年度)の後継として、古代東アジア世界の歴史を、東アジア世界を含んだ東ユーラシアという地域を設定し、その地域における人々の流動という視点から、より豊かに叙述することを課題としています。
今回のシンポジウムは、「ベトナム・日本の交流よりみた前近代東ユーラシア」というテーマで開催し、前近代におけるベトナムと日本とにおける人・モノの交流に関する歴史をたどり、それを東アジア世界史ならびに東ユーラシア地域との関係において考察することを目的とします。
日時平成29年11月18日(土) 13:00~17:30(受付12:30~)
場所専修大学神田キャンパス 2号館 3階 302教室
内容13:00~13:10 趣旨説明
飯尾  秀幸(古代東ユーラシア研究センター代表/専修大学教授)

13:10~14:10 講演1
Pham Hoang Hung(ファム・ホン・フン)(ベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学講師)
「ベトナムにおける日本前近代史研究」

14:10~15:10 講演2
Dang Hong Son(ダン・ホン・ソン)(ベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学講師)
「ベトナムにおいて発掘された17世紀の肥前焼き物」

15:30~16:30 講演3
Phan Hai Linh(ファン・ハイ・リン)(ベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学准教授)
「象を通じてみた越日交流」

16:40~17:30 討 論

※講演は日本語(一部通訳あり)で行います。
定員300名
参加料無料
主催専修大学社会知性開発研究センター/古代東ユーラシア研究センター
申込み方法1か2のいずれかの方法でお申し込みください。
1. 往復はがきに、(1)「古代東ユーラシアシンポジウム」と記入し、
(2)郵便番号(3)住所(4)氏名(ふりがな)(5)電話番号(6)メールアドレス(任意)
を明記のうえ、専修大学社会知性開発研究センター事務課までお送りください。
※到着次第、返信用はがきにて参加証をお送りいたします。

2. 右の申込みフォームからお申込みください。→ 申込みフォームは 「こちら」 をクリック
※申込完了後、自動配信メールにて参加証お送りいたします。
届かない場合は、メールアドレスの入力間違いや受信設定による不着などが考えられます。お手数ですが、専修大学社会知性開発研究センターまでお問合せください。

お申込み締切:11月14日(火) 必着
* お問合せ*
専修大学社会知性開発研究センター事務課
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
tel : 044-911-1347  fax : 044-911-1348
e-mail :socio(a)acc.senshu-u.ac.jp

※迷惑メール対策のため、@を(a)と表記しています。送信の際はお手数ですが(a)を@にしてお送りください。

※お申込み時にいただいた個人情報は、専修大学からのお知らせや連絡、 または個人が特定できないようにして統計処理等を行う目的で使用いたします。
センディ

センディナビ