• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

12 12

 
専修大学管理者用(広報課専用)法学部EVENTEVENT公開講座・シンポジウム

『法学部からの知の発信』-140回連続講演会のお知らせ(2016年度後期)

専修大学は、2019年に創立140年を迎えます。法学部では、創立140年を記念し、知の発信として140回連続講演会を実施します。
2015年度の9月から開催し、これまで31回実施してきました。2016年度もさまざまなテーマで法学部から知の発信をいたします。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。
 
期     間  2015年~2019年までの5年間
開催曜日  火曜日・金曜日
開催時間  火曜日 18:15~19:45(質疑応答の時間を含む)
      金曜日 19:00~20:30(質疑応答の時間を含む)
開催場所  神田校舎5号館7階 571教室
主     催  法学部
運     営  法学部広報委員会
定     員  200名
参 加 費  無料

<2016年度後期開催>担当者、テーマについては変更する場合もあります。
開催日担当者テーマ
第32回9月27日(火)田口 文夫
(専修大学法学部教授)
高齢者の加害行為と監督者責任-認知症患者の事例を中心に-
第33回9月30日(金)高木 侃
(専修大学法学部元教授)
三くだり半の世界―ものの見方・考え方
第34回10月4日(火)小野 新
(専修大学法学部教授)
なぜイギリス法曹は今でも風変りな法服とかつらを着用しているのか―その歴史と現在―
第35回10月11日(火)小場瀬 琢磨
(専修大学法学部准教授)
EUにおける国家財政危機とEU法
第36回10月14日(金)平田 和一
(専修大学法学部教授)
法治主義について
第37回10月18日(火)森住 信人
(専修大学法学部准教授)
共謀共同正犯と幇助犯との区別について
第38回10月21日(金)鈴木 秀光
(専修大学法学部教授)
法や裁判に見る前近代中国の家族関係の諸相―清代を中心に
第39回10月25日(火)佐々木 和夫
(専修大学法学部准教授)
方法の錯誤(打撃の錯誤)の沿革的考察
第40回10月28日(金)稲垣 悠一
 (専修大学法科大学院准教授)
現代社会と過失犯
第41回11月8日(火)出口 正義
(専修大学法学部教授)
会社法とコンプライアンス
第42回11月11日(金)谷口 兼史
(株式会社トレス環境システム代表取締役社長、本学法学部卒業生)
資源リサイクルへの挑戦(究極のレアメタル回収技術の開発)~専修大学との出会い・村民法ゼミナール
第43回11月15日(火)土田   亮
(専修大学法学部教授)
コーポレート・ガバナンスと民主主義―判例にあらわれる意思決定システムの調整―
第44回11月18日(金)大澤 逸平
(専修大学法科大学院准教授)
監督義務者責任の意義と機能―最近の最高裁判決を素材として―
第45回11月22日(火)須加 憲子
(専修大学法学部准教授)
環境問題と差止訴訟―民法から原発訴訟・諫早湾干拓関係訴訟を考える
第46回11月25日(金)大槻 文俊
(専修大学法学部准教授)
繰り返される官製談合
第47回12月2日(金)杉本 肇美
(専修大学法学部准教授)
政治家の肖像~サクラソウ・ディズレーリとバイブル・グラッドストン~
第48回12月6日(火)長谷川 聡
(専修大学法学部准教授)
男女雇用機会均等法施行30年 課題と展望
第49回12月9日(金)高橋 勇夫
(専修大学法学部教授)
作ることは考えることである―職人(クラフツマン)的知性について
第50回12月13日(火)吉田 清司
(専修大学法学部教授)
トップスポーツにおける競い合いの現状~拡大する社会への影響~
第51回12月16日(金)坂本 武憲
(専修大学法学部教授)
私見「社会知性の開発」―本学21世紀ビジョンの意義を考える―
※第52回以降の予定については、決定次第お知らせいたします。

140回連続講演会(チラシ)はこちらから
センディ

センディナビ