• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

12 11

 
専修大学管理者用(広報課専用)法学部EVENTEVENT公開講座・シンポジウム

「犠牲者家族の思いと法のあり方」開催のご案内

近年、様々な事故や災害の犠牲になった方のご家族が、悲しみのなか、それぞれの事故等の原因究明や訴訟提起を行うほか、連携して再発防止や命の大切さを唱えています。
このシンポジウムでは、専修大学法学部を卒業されたご子息を東日本大震災の津波で亡くされた田村ご夫妻、エレベーター事故でご子息を亡くされた市川さん、飛行機墜落事故でご子息を亡くされた美谷島さんにお越しいただきます。そして、お三方それぞれの事故後の思いや活動の経過を伺い、犠牲者家族の視点から、裁判を含む法のあり方を話し合う予定です。
事前申込不要、入場無料です。貴重な機会ですので、ご関心をお持ちの方のご来場をお待ちしております。
開催日程平成28年11月12日(土)13:00~15:00
開催場所神田キャンパス5号館7階 571号教室(入場無料、申込不要)
【地下鉄】神保町駅出口A2より徒歩3分、九段下駅出口5より徒歩3分
【JR】水道橋駅西口より徒歩7分
お問い合わせ先飯 考行 法学部准教授
MAIL:iit(a)isc.senshu-u.ac.jp
(「(a)」をアットマークに置き換えてください。)
なお、詳細については、以下のチラシをご覧ください。

犠牲者家族の思いと法のあり方(266KB)
センディ

センディナビ