• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

免許状を取得するための所要資格・履修方法

免許状を取得するための所要資格・履修方法

一種免許状の取得要件

中学校教諭一種免許状及び高等学校教諭一種免許状を取得するためには、免許法で定められた基礎資格が必要であり、さらに定められた科目についての単位(教職に関する科目・教科に関する科目・免許法施行規則第66条の 6 に定められた科目)を修得しなければなりません。

教育職員免許法及び免許法施行規則で定められた所要資格

免許の種類中学校教諭一種免許状高等学校教諭一種免許状
基礎資格学士の学位を有すること。学士の学位を有すること。
大学において修得することを必要とする最低単位数教科に関する科目20単位20単位
教職に関する科目31単位23単位
教科又は教職に関する科目8単位16単位
免許法施行規則第66の 6 に定められた科目日本国憲法2単位2単位
体育2単位2単位
外国語コミュニケーション2単位2単位
情報機器の操作2単位2単位

免許法施行規則第66条の 6 に定められた科目

免許法施行規則第66条の 6 に定められた科目は下記のとおりであり、次に述べる「教職に関する科目」及び「教科に関する科目」と同時に単位を修得しなければならない科目です。本学では、各学部・学科に定められた科目の単位を修得することができます。各学科によって(1)〜(4)の分野より選択できる科目が異なるので注意しなければなりません。
(1) 日本国憲法         2単位
(2) 体育            2単位
(3) 外国語コミュニケーション  2単位
(4) 情報機器の操作       2単位
 

免許法施行規則第66条の 6 に定められた科目[一部]

必修 ◎ 選択必修

学科















































科目名単位




日本国憲法2  
憲法12      
憲法22      
憲法I2               
憲法II2               
憲法人権保障論I2               
憲法人権保障論II2               

スポーツリテラシー1
スポーツウェルネス1











Basics of English(SW) 1a1 
Basics of English(SW) 1b1 
Intermediate English(SW) 1a1 
Intermediate English(SW) 1b1 
General English 11 
English Speaking a1 
English Speaking b1 
Listening11                
Listening21                






情報入門I2     
情報入門II2     
コンピュータと経済学12               
コンピュータと経済学22               
情報処理入門2                
情報基礎I2               
情報基礎II2               
日本語情報処理12               
情報表現演習2                

免許法施行規則第66条の 6 に定められた科目[二部]

必修 ◎ 選択必修
分野科目名単位全学科




憲法I2
憲法II2

体育演習A1
体育演習B1
健康科学論2
スポーツ科学論2
スポーツ文化論2











英語表現a2
英語表現b2
英語会話a2
英語会話b2
ドイツ語会話I2
ドイツ語会話II2
フランス語会話I2
フランス語会話II2
中国語会話I2
中国語会話II2
スペイン語会話I2
スペイン語会話II2
コリア語会話I2
コリア語会話II2






情報基礎I2
経営情報システムII2
情報システムI2
情報システムII2

「教職に関する科目」

免許法によれば、「教職に関する科目」は中学校教諭一種免許状を取得する場合、31単位以上、高等学校一種免許状を取得する場合、23単位以上修得しなければならないと定められていますが、本学では中学校教諭一種免許状を取得する場合、35単位以上、高等学校教諭一種免許状を取得する場合、27単位以上を修得しなければなりません。

教職に関する科目一覧[一部・二部共通]

必修 ◎ 選択必修 △ 選択
配当年次科目名単位中学校一種高等学校一種
1年次教職入門2
特別活動論2
教育原論2
教育法学2
教育行政学2
教育社会学2
比較教育学2
2年次教育課程論2
心身の発達と学習の過程2
教育方法論2
教育相談の理論と方法2
英語科教育研究12
英語科教育研究22
3年次生徒・進路指導論2
国語科教育研究12
国語科教育研究22
国語科教育研究32
国語科教育研究42
書道科教育研究12
書道科教育研究22
英語科教育研究32
英語科教育研究42
社会科教育研究12
社会科教育研究22
社会科教育研究32
社会科教育研究42
地理歴史科教育研究12
地理歴史科教育研究22
公民科教育研究12
公民科教育研究22
数学科教育研究12
数学科教育研究22
数学科教育研究32
数学科教育研究42
商業科教育研究12
商業科教育研究22
情報科教育研究12
情報科教育研究22
道徳教育指導論2
教育実習11
4年次教育実習22
教育実習32
教職実践演習(中・高)2

「教科に関する科目」

「教科に関する科目」は、取得する免許教科に関する専門知識を深く身につけるために設けられたものであり、免許法および免許法施行規則によって、修得すべき単位数や科目が定められています。
 免許法では、中学校・高等学校教諭一種免許状を取得する場合は「教科に関する科目」を20単位修得しなければならないと定められています。本学では免許状取得のための「教科に関する科目」の必要単位数が学科や免許状の種類・教科によって異なりますが、法令で定められた20単位を超えて修得した単位は、次項で説明する「教科又は教職に関する科目」の単位を満たすことになります。

「教科又は教職に関する科目」

「教科又は教職に関する科目」は教職に関する科目及び教科に関する科目の要件単位をそれぞれ満たした上で、さらに修得しなければならない科目群です。免許法では中学校教諭一種免許状を取得する場合は8単位、高等学校教諭一種免許状を取得する場合は16単位修得しなければならないと定められています。

「教職独自科目」(平成28年度以降入学者対象)

「教職独自科目」は本学教職課程が独自に設置した科目であり、教職課程履修者のみが履修可能な科目です。なお、この科目の単位を修得しても、免許状を取得するための所要資格の単位にはなりません。

専修免許状の取得要件

専修免許状とは中学校および高等学校教諭一種免許状を取得済みで、修士課程を修了することにより、申請取得できる免許状です。専修免許状を取得するためには、次の3つの要件を満たすことが必要です。
  1. 専修免許状を取得するためには、取得したい専修免許状と同一教科、かつ、同一学校種別の一種免許状を取得すること。
  2. 修士の学位を有すること。(大学院修士課程に1年以上在学し、所属する専攻に開設されている科目を30単位以上修得した場合も、基礎資格を有するとみなされます。)
  3. 専修免許状の課程認定科目を24単位以上修得すること。(課程認定科目は所属する各研究科に開設されている科目であり修了単位に含まれます。)
センディ

センディナビ