専修のゼミナール
MENU
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

ゼミを探す

一覧に戻る

日本語教育から見た文法と談話[担当:三枝 令子]

ゼミナール名称日本語教育から見た文法と談話
研究テーマ外国人への日本語教育の視点から、日本語の様々な問題を考える。
ゼミナール所属文学部日本語学科
学習内容対話、討論を通して、日本語教育で知っておくべき項目を学習する。同時に、論文の書き方、発表の仕方を身につける。
ゼミ生の人数2018年度 4年生2名、3年生7名、2年生12名
開講日時などゼミ2:月曜2限 ゼミ3・4:月曜1限
卒業論文・卒業研究卒業論文は必修。
ゼミナール合宿2017年度は、春休みに一泊二日で実施。
教員紹介研究対象は、日本語文法、主に引用。介護の日本語。日本語のテストなど。
三枝 令子[研究者情報データベースへ]
[2018年3月公開]
センディ

センディナビ