Siデータサイエンス教育プログラム

公開日:2022年1月14日

1639620687783


■文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」にも対応予定

■基礎レベルから各学部の専門領域で活かすレベルまでの体系的カリキュラム(2022年度から始動)

専門領域で活かすAI・データサイエンスって?

★国際コミュニケーション学部日本語学科の例
言葉を大量に集めたビッグデータである「コーパス」の分析によって、日本語の使用実態を解明する。

★ネットワーク情報学部の例
AIで自分の理想にチャレンジ! 骨格認識AIを使い、スポーツ・Web会議・日常をスマート化する。

★商学部マーケティング学科の例
RTDコーヒーは、香りが消費者の商品選択の要因となり、実際の食品の併買行動に関与しているかを検証する。
RTD:Ready To Drink(買ってすぐ飲める)

★文学部の例
(1)相馬永胤英文日記を用いたテキスト分析で、相馬留学当時のニューヨークでの生活風景を可視化する。
(2)葬儀業界誌の記事中の英文テキストや画像の計量分析を行い、アメリカ人の生死観の研究に役立てる。
(3)テキスト・データの数量化によって客観的指標と主観的評価の関係を調べ、自動採点手法を開発する。

★経営学部の例
(1)タクシー乗降件数に関する統計情報や独自に収集したデータを多角的に分析し、スマートモビリティが支える未来の生活について提言する。
(2)定性分析と定量分析を組み合わせて、飲食店の“雰囲気”の正体を解明する。
(3)オリジナルのPOP広告を使った実験を通じて、シーンごとの有効な広告表現を探究する。
データサイエンスヒルズ 画像
生田データサイエンスヒルズ
緑豊かな生田キャンパスを中心に展開されるデータサイエンス研究の拠点づくりを推進