ポリシー(卒業認定・学位授与、教育課程編成・実施、入学者受入れ)について(学部)

専修大学は、教育目標として「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」を掲げ、「専門的な知識・技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により主体的に社会の諸課題の解決に取り組んでいける能力」の育成を目指しています。
専修大学における卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)は、この「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」を具現化するために策定したものです。
各学部のポリシーについてはこちらからご覧ください。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

専修大学は、「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」のもと、「専門的な知識・技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により主体的に社会の諸課題の解決に取り組んでいける能力」の育成を目指し、次に掲げる資質・能力を身につけることを卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)とします。
(1)社会知性の核となる、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法を身につけ、活用することができる。(知識・理解)
(2)社会知性の意義を理解し、人間理解、倫理観、地球的視野を身につけ、社会生活上の諸課題に取り組み、その能力を生涯にわたって開発し続けることができる。(関心・意欲・態度)
(3)論理的思考力、コミュニケーション能力、情報リテラシーを身につけ、それを活用して情報の収集・分析・発信を行うことができる。(技能・表現、思考・判断)
(4)大学における学修で身につけた知識・技能を活用し、創造的かつ主体的に社会の諸課題に取り組むことができる。(思考・判断)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

専修大学は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる資質や能力を身につけるための教育課程として、各学部・学科に設置する科目を体系的に編成し、講義・演習を適切に組み合わせた授業を行います。教育課程、教育内容・方法、学修成果の評価方法については、以下のように方針を定めます。
(1)教育課程
一部は、教育課程を「転換教育課程」、「導入教育課程」、「教養教育課程」および「専門教育課程」の4つの領域で、二部は、「教養科目」および「専門科目」で構成し、教育課程全体の体系性・順次性を確保し、かつ教養教育と専門教育の有機的連携を図ります。
(2)教育内容・方法
  1. 転換教育課程(専修大学入門科目)
    転換教育課程では、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を設置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる技能や能力(読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力)を身につけます。
  2. 導入教育課程(専修大学基礎科目)
    導入教育課程では、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修します。同時 に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身につけます。授業は、各科目の目的に応じて、講義または演習形 式で行います。
  3. 教養教育課程(教養科目)
    専修大学における教養教育は、各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。 教養教育課程では、こうした学部・学科を超えた普遍性を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成するために、「人文科学基礎関連 科目」、「社会科学基礎関連科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「外国語系科目」および「保健体育系科目」で構成しています。
  4. 専門教育課程(専門科目)
    専門教育課程では、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や、主体的に問題の解決に取り組む能力を身につけるために、それぞれの学科において、基礎から発展・応用的内容へと段階的な科目配置にしています。
(3)学修成果の評価方法
学修成果を評価するため、各学年の学生を対象とした調査を行うとともに、各授業形態に応じた方法によって、学修成果を評価します。
講義科目は、その学修内容に応じて、定期試験、授業内テスト、レポート・課題、リアクションペーパーなどを用い、単なる知識の獲得だけではなく、理解の深さ、論理性、表現方法について評価します。
演習科目は、レポート・課題、プレゼンテーションなどを通じて、問題を理解し、自らが得た知識を活用して論理的に解決策を見出し、その結果をニーズに対応した手段で発信することができるかを評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

専修大学は、教育目標である「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」に向けた教育を行うために、多様な入学者選抜の方式により、大学入学までの教育課程において、以下の能力を身につけている人材を求めます。
(1)本学での学修の基礎となる知識と技能
(2)社会の諸課題の解決に取り組むための思考力やコミュニケーション能力
(3)主体性を持って社会知性の開発を目指す態度
センディ

センディナビ