文学部 
ジャーナリズム学科
Department of Journalism
生田キャンパス

教授・平田 大輔_教員データ

平田先生jpg
どのように心と体がつながっているのか、健康増進、スポーツ競技などでどう活かされているのかを、自分自身のことにおきかえ学んでいきます。
平田 大輔
教授
選択してください
  • 教員データ
  • ゼミ紹介
  • メッセージ
  • 大学院

教員データ

氏名・職位 平田 大輔(HIRATA DAISUKE) 教授
文学部開講科目
(現在、人文・ジャーナリズム学科での担当科目)
生涯スポーツ演習1
スポーツの心理学
スポーツメンタルトレーニング演習
ゼミナール1・2・3・4・5・6
卒業論文
大学院開講科目 
略歴日本体育大学修士課程体育科学研究科修了 修士(体育学) [日本体育大学]
専門分野スポーツ科学(スポーツ心理学)
研究キーワードテニス アンフォースドエラー コーチング
所属学会日本体育学会

主要業績

単行本(単著)
単行本(共著・編著・論文集・事典など)
スポーツ心理学12講--福村出版-- 2014年02月
バドミントン教本 ジュニア編--ベースボールマガジン杜-- 2004年06月
バドミントン教本 応用編--ベースボールマガジン社-- 2003年03月
スポーツ・健康と現代--武蔵野美術大学出版局-- 2002年04月
論文(雑誌・紀要・研究成果報告書など)
大学女子テニス選手が試合でゲームを取得するには―アンフォースドエラーからの検討―--テニスの科学22/-- 2014年03月
サッカーにおける認知的トレーニングの有効性に関する研究-ボールを奪った後の攻撃局面に着目して---専修大学体育研究紀要36-- 2012年12月
男子テニス世界ランキングにおける上位選手と下位選手の違いについて-出場方法等の分析から---スポーツ運動学研究24/-- 2011年11月
心理技法活用尺度の作成-大学生競技者を対象として---スポーツパフォーマンス研究2-- 2010年08月
大学生における生活規律の乱れと自覚疲労症状の実体--運動とスポーツの科学15/1-- 2009年12月
テニスの学習に伴う認知過程の変容に関する研究-サーブの場合--専修大学体育研究紀要33/-- 2009年10月
女子大学テニス選手のアンフォースドエラーの原因の因子構造とその因果関係--テニスの科学26/-- 2018年月
女子大学テニス選手におけるアンフォースドエラーの原因に関する探索検討--テニスの科学25/-- 2017年月
その他(学会発表・講演・座談会・インタビュー・書評・エッセイなど)
Psychological evaluation of the Japanese national tennis players--ヨーロッパスポーツ科学会議20132013年06月
男子ジュニアテニス選手の試合でのエラーに関する研究-年代別のアンフォースドエラーに着目して---日本体育学会第63回大会2012年08月
ブラインドテニスのゲーム分析--第21回日本テニス学会2009年12月
テニス選手におけるMT技法の活用と心理的競技能力について--第21回日本テニス学会2009年12月
映像フィードバックを用いた学習に伴う認知過程の変容に関する研究--第21回日本テニス学会2009年12月

ゼミ紹介

メッセージ

大学院

センディ

センディナビ