文学部 
ジャーナリズム学科
Department of Journalism
生田キャンパス

教員紹介

李
スポーツコーチングでは、競技の特性、国別、年代別によってコーチングの方法が異なっています。スポーツ現場においてコーチング科学の基本的な考え方を理解し、応用、事例などを参考に研究していきます。
李 宇ヨン
准教授
植村先生
印刷からデジタルへの劇的変化の現状も含めて多角的な「出版」に迫ります。
植村 八潮
教授
久木留
スポーツはメディアを通し人々に夢と感動を与えています。心身の健康を考える上でもスポーツは重要な役割を担っています。スポーツの持つ可能性について学んでいきます。
久木留 毅
教授
齋藤
スポーツの可能性について、情報学、体力学、生理学、社会学、教育学、医学など多角的な視点からアプローチすることで高度なスポーツリテラシーを身につけ、その価値を探っていきましょう。
齋藤 実
教授
高島写真
遺跡出土の「陶磁器」は、土の中でも腐らず残るため、過去の人々の生活、文化、交易の実像を探る材料となります。「資料」の様々な情報を収集・整理し、その本質をみきわめていきたいと思います。
高島 裕之
教授
武田
アルタミラ洞窟画からSNSまで、メディアと人類の長い関わりの歴史を視野に入れつつ、「今」を生きるうえで必要なメディア社会の知識とメディア表現の実力を身につけましょう。
武田 徹
教授
野口先生
情報化社会の中にあって、さまざまな情報を収集、蓄積、保管し、市民に提供する役割である図書館の歴史やサービスのあり方を主に研究しています。
野口 武悟
教授
平田先生jpg
どのように心と体がつながっているのか、健康増進、スポーツ競技などでどう活かされているのかを、自分自身のことにおきかえ学んでいきます。
平田 大輔
教授
福冨
メディアコンテンツに関わる産業・政策・社会から、地域映像の実制作まで、広範な 領域にアプローチします。
福冨 忠和
教授
藤森先生
社会のさまざまな問題を知り、現場に実際に歩いて、ジャーナリズムを考えましょう。
藤森 研
教授
山田先生
堅苦しいイメージがある新聞が制度上は最も自由なメディアで何の制約もなさそうなネットは圧力がかかりやすい特性があります。そうした社会のカラクリを現場に出かけ解明し、一緒に「言論の自由」を考えていきましょう。
山田 健太
教授
渡辺
どのような運動がからだに良いのか? 健康を保持増進するためには何歩ぐらい必要? 競技力向上のために最適な質・量・タイミングは? いろいろな「?」をたくさんの目で考えてみましょう。
渡辺 英次
教授
センディ

センディナビ