教授・広瀬 裕子

広瀬先生
マクロにもミクロにも社会にアンテナを張ってみましょう。学校、家族、地域、国……いろいろな領域が見えてきます。それらがお互いに密接につながっていることを実感でも理論でも学んでいきます。
広瀬 裕子
教授

  • 教員データ
  • ゼミ紹介
  • メッセージ

教員データ

氏名・職位 広瀬 裕子(HIROSE HIROKO) 教授
文学部開講科目生涯学習論
ジェンダー教育論
生涯学習政策論
世代育成のポリティクス
ゼミナール1・2・3・4・5・6
卒業論文
大学院開講科目
略歴東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学 博士(教育学) [東京大学]
専門分野教育行政学理論 教育政策分析 セクシュアリティと社会構造
研究キーワード教育行政学理論 教育政策分析 セクシュアリティと社会構造
所属学会日本教育学会 日本教育政策学会 日本女性学会 日本教育行政学会 日英教育学会 日本教育社会学会 日本思春期学会 日本教育事務学会

主要業績

全てを表示する
単行本(単著)
イギリスの性教育政策史 自由化の影と国家「介入」---勁草書房-- 2009年08月
単行本(共著・編著・論文集・事典など)
​こんなに違う! 世界の性教育--メディアファクトリー-- 2011年04月
『中国社会の現状II』社会科学研究叢書II--専修大学出版局-- 2009年03月
『シリーズ性を問う2性差』 担当:5「性教育の機能と効果社会の枠組みの維持と再生産」--専修大学出版局-- 1997年06月
『セクシュアル・ハラスメントはなぜ問題か現状分析と理論的アプローチ』--明石書店-- 1994年07月
『教育運動の思想と課題』 担当:第7章第5節「運動の中の性差別近代家族を足場として成り立つ運動」--社会評論社-- 1989年11月
論文(雑誌・紀要・研究成果報告書など)
​「イギリスにおける性教育義務必修化に関する一考察セクシュアリティと教育政策という視点から」--『教育学研究』第72巻第1号-- 2005年03月
「膠着するフェミニズムと教育における社会責任」--『情況』2000年4月号 情況出版-- 2000年03月
「平等論で解けないセクシュアリティーの地平」--『響鳴』No.4 公教育研究会-- 1993年03月
「戦後学制改革期における男女共学化に関する一考察」--『教育学研究』第49巻第3号 日本教育学会-- 1982年09月
「地方教育行政改革の政治学 (2)イギリスの事例から」--小玉重夫編『学校のポリティクス 教育変革への展望 第6巻』岩波書店 3-9-- 2016年11月
'Consequences of a recent campaign of criticism against school sex education in Japan'--"Sex Education"  (Routledge, UK, Taylor & Francis Group)Volume 13/Issue 6-- 2013年11月
「公私二元論の批判的再考―今後の教育行政学展開の出発点としてー」--『学会創立40周年記念 教育行政学の回顧と展望』日本教育行政学会編 -- 2006年10月
その他(学会発表・講演・座談会・インタビュー・書評・エッセイなど)
​「アカデミズムにおける『モグラたたき』と『ゲットー化』」--シンポジウム『教育学meetsクィア・スタディーズ 〈大学教育とクィア〉に関する諸課題を考える』2007年12月
‘ School Sex Education in Japan, How it is Provided and Accepted’--The 39th Conference of the Asia-Pacific Academic Consortium of Public Health,2007年11月
Seminar ‘Sex Education in Japan’--Faculty of Culture and Pedagogy at INSTITUTE OF EDUCATION University of London2007年09月
シンポジウム  どうなるどうする日本の学校 教育基本法改正でどうなる、どうする--日本教育政策学会第10回大会(専修大学)2003年06月
「セクシュアリティ概念を導入した教育分析について」--日英教育研究フォーラム第10回研究大会 於:早稲田大学2001年09月

ゼミ紹介

メッセージ