文学部 
日本文学文化学科
Department of Japanese Literature and Culture
生田キャンパス

日本文学文化学科

自国の文学・文化を読み解き、伝え、つくり、本質を知る。

日本文学文化学科では、文学、伝統文化、映画、演劇、マンガ、アニメーションなども含む表現文化全般を研究対象に、選択の自由度が高いカリキュラムを構成しています。この幅広い学びの領域から熱中できる何かにきっと出会えるはずです。また、ネットワークを利用した海外との共同授業では、イタリアやドイツ、韓国の学生から日本の作家や能・歌舞伎などについて意見を求められたり、海外でどのように受け入れられているかを確かめることができます。さらに、現役作家による創作指導、出版社での実務経験を持つ教員による編集指導などユニークで実践的な授業もあります。作品を読み解くだけでなく、作品はどうつくられるのかという「創作」、作品が私たちのもとにどう届くのかという「メディア」もあわせて学べることは、日本文学文化学科の大きな特徴といえるでしょう。

インターネットによる国際交流

ヨーロッパ東アジア・アメリカなどの大学とインターネットで結び、海外で日本文学・文化研究に取り組む学生とともに遠隔授業や共同授業を受けることができます。自分たちの研究成果を海外へ発信できる機会でもあります。

日本文学文化学科

実践的に学ぶゼミナール

少人数で学ぶゼミナールは、考え方を深め、発表カを磨く場です。仲間と意見を交わしながら、視野を広げることもできるでしょう。アニメーション批評と制作を体験できるゼミナールの他、伝統文化、演劇などを取り扱うゼミナールも加わり、さらに広い関心にこたえることができるようになりました。

学びの特徴

日本文学文化学科の学びの特徴

文学と文化を読解する

古事記から村上春樹、宮崎駿まで、様々な時代やジャンルの文学・文化を研究対象として、その魅力や意義などを読み解く多彩な授業があります。文学作品はどのように読み、解釈することができるのか、また、多様な日本文化をどのように理解したらよいのかを考えます。

文学と文化を発信する

作品の作り手受け手には、それを媒介するメディアが必要です。例えば文学作品であれば、書物の編集・出版がその代表です。長年編集者として活躍した教員による講義など、経験に基づく実際の編集を学ぶこともできます。

文学と文化を創造する

小説家による「文芸創作」の授業や書家による「書道」の実習によって、自分で作品をつくり、創作する楽しみを味わうことができます。私たちが親しんでいる文学や文化はどのようにつくり出されるのかを体験的に学べます。
センディ

センディナビ