文学部 
歴史学科
Department of History
生田キャンパス

教授・近江 吉明_教員データ

歴史(近江)
ヨーロッパ前近代史の民衆蜂起を検討し、民衆文化の可能性を考えていきましょう。(写真は「ベル文」史料中の「バスティーユ牢獄襲撃」銅版画)
近江 吉明
教授 (ヨーロッパ前近代史)
選択してください
  • 教員データ
  • ゼミ紹介
  • メッセージ
  • 大学院

教員データ

氏名・職位  近江 吉明(OHMI YOSHIAKI) 教授
文学部開講科目ヨーロッパの国家と民衆1
ヨーロッパの国家と民衆2
欧米文化史1
欧米文化史2
歴史資料研究法3
歴史資料研究法4
ゼミナール1・2・3
卒業論文
大学院開講科目東洋史特講Ⅰ
東洋史特殊研究Ⅰ
略歴立教大学大学院文学研究科修士課程修了 博士(文学)[立教大学]
専門分野フランス中世後期の民衆運動研究、フランス革命期の民衆蜂起
研究キーワード 
所属学会日本西洋史学会 歴史学研究会 歴史科学協議会 比較都市史研究会 西洋中世学会 日仏歴史学会

主要業績

ゼミ紹介

<到達目標>
  ・ヨーロッパ前近代史(フランス革命も含む)に関連する「年間ゼミテーマ」を設定し、さらに、グループごとに「グループテーマ」を確定し、共同研究を行なう。年度末にはその成果を『ゼミ報告論集』としてまとめる。

 <講義概要>
  ・授業は演習形式で行なう。
  ・グループ研究の中で、先行研究の整理、問題の所在の確定、主要文献の読み込み、基本史料の発見などの作業を行なう。
  ・欧文文献を特定し、その翻訳を進め報告し、グループ研究で活用する。

 

メッセージ

大学院

西洋史特講Ⅰ
前期は中世後期の政治史・民衆史に関する概説、研究史、分析の基礎的指導を行なう。
後期は、フランス革命前夜の政治史・民衆史に関するの概説、研究史、分析の基礎的指導を行なう。
西洋史特講Ⅰ演習
前期は中世後期の政治史・民衆史に関する史料論、パレオグラフィーの基礎的指導を行なう。
後期は、フランス革命前夜の陳情書に関する「ベルンシュタイン文庫」のマニュスクリ史料の分析指導を行なう。
西洋史特殊研究Ⅰ
前期は史料分析の基礎的指導を行なう。
後期は、史料批判について基礎的指導を行なう。
西洋史特殊研究Ⅰ演習
前期は博士論文作成および史料分析の基礎的指導を行なう。
後期は、博士論文で使用する史料の史料批判について基礎的指導を行なう。
センディ

センディナビ