文学部 
英語英米文学科
Department of English
生田キャンパス

教授・濱松 純司_教員データ

IMG_0397
英語学(統語論・形態論)。入学後は、高校までの語学の勉強から一歩前に出て、英語を一言語として観察する視点を身につけましょう。それが「英語学」という学問です。
濱松 純司(学科長)
教授
選択してください
  • 教員データ
  • ゼミ紹介
  • メッセージ
  • 大学院

教員データ

氏名・職位 濱松 純司(HAMAMATSU JIYUNJI) 教授
文学部開講科目英語学概論1
英語学概論2
英語英米文学概論2
ゼミナール1・2・3・4
卒業研究
大学院開講科目英語学特講Ⅲ 英語学特講Ⅲ演習 英語学特殊研究Ⅱ 英語学特殊研究Ⅱ演習
略歴東京大学修士課程人文科学研究科修了 文学修士 [東京大学]
専門分野英語学(英語学・言語学・統語論・形態論)
研究キーワード英語の名詞句の統語的・形態論的研究
所属学会近代英語協会 日本英語学会 英語語法文法学会 日本言語学会

主要業績

単行本(単著)
単行本(共著・編著・論文集・事典・翻訳など)
プログレッシブ英和中辞典(第5版)--小学館-- 2012年03月
オーレックス英和辞典--旺文社-- 2008年09月
A Note on Movement and Control in the English Noun Phrase--John Benjamins Publishing Company, Noam Chomsky and Language Descriptions-- 2010年03月
Movement in the Passive Nominal: A Morphological Analysis--John Benjamins Publishing Company, Germanic Languages and Linguistic Universals-- 2009年03月
レクシス英和辞典(専門執筆・校閲・執筆)--旺文社-- 2003年01月
論文(雑誌・紀要・研究成果報告書など)
Movement in the passive nominal and nominal morphology--The Linguistic Review30/3-- 2013年09月
Prepositional Complementisers and Split CP Structure in English--日本英語学会(English Linguistics)26/2-- 2009年12月
On the Role of the Suffix in NP-internal Movement--日本英語学会(English Linguistics)14/-- 1997年12月
英語における句複合語について : 米国ニュース教材に現れた例をめぐって--専修大学外国語教育論集45-- 2017年03月
前置詞の目的語となるwh節の名詞性について--英語語法文法研究20-- 2013年12月
その他(学会発表・講演・座談会・インタビュー・書評・エッセイなど)
Case and EPP Checking in Germanic and Romance Languages--Minimalist Reading Group (University College London)2005年02月
ゲルマン・ロマンス諸語における名詞句内の格照合と移動--日本英語学会第20回大会(青山学院大学)2002年11月
英語における名詞のいわゆる「同格」節について--英語語法文法学会第23回大会2015年10月
前置詞の補部となるwh節の名詞性について--英語語法文法学会第20回大会2012年10月
動詞句副詞研究の動向--近代英語協会第22回大会(シンポジウム「副詞研究の過去と現在」於:千葉大学)2005年05月

ゼミ紹介

濱松ゼミ_01

濱松ゼミ_02

§ゼミ紹介

写真を含む詳しいゼミ紹介は是非こちらをご覧下さい(外部サイトに移動します)→濱松ゼミホームページ

「アメリカのTV番組で学ぶ英語と英語学」

このゼミでは実際に使われる活きた英語に豊富に触れ、ただ何となく日本語に直して分かった気になるのではなく、ネイティブスピーカーの言語能力や直感とは何かを理論的に考え、ネイティブ並に英語を深く理解することを目指します。
会話から骨のある英語まで、様々な人種・バックグランドの英語に接します。
同時に、語学の勉強に終わらせず、最新の英語に関する知識を得て、英語を観察して『実はこうなんだ、面白い!』という発見をゼミ生たちは積み重ね、楽しく取り組んでいます。
ゼミでの発表を基に各自が研究トピックを持つことを重視し、英語の現象を分析した成果を3年の内から発表し、卒業研究へと発展させます。
英語力を伸ばそうという意欲と英語を観察するゆとりを併せ持つ皆さんを待っています。

§生の英語の魅力

ゼミでは、様々な場面を通じ、口語表現を中心として、多様な英語に触れ、様々な人種・階層の人々の話す英語の変異を知ることができます。まさに活きた英語の見本です。
これらが英語学習に役立つのは言うまでもありません。
もっと言うと、時には語学の勉強から離れて、皆の純粋な目で英語を観察してほしい。そういう願いからこのゼミは誕生しました。英語学・言語学の知識を学ぶことで、スクリプト自体が格好の分析対象になり、卒業研究のトピックも豊富に提供してくれるのです。

§プレゼンテーションで得られるもの

一回あたり3分程度のTV番組のスクリプト(原稿)を二人一組になって発表してもらいます。毎回のゼミは思い切ってゼミ生に任せ、ゼミ生が先生役となって進めます
語学的に正しく理解することがまず求められますが、語学の勉強に終わらせないことも重要です。英語学上の問題点を発掘し、図書館で文献・資料を探して調査し、他人に分かりやすく発表するという作業に取り組むことにより、総合的な知的能力を養うことができます。
就職活動では「問題発見力」「問題解決力」が重視されますが、本ゼミでは自然に養われる能力であると言えます。
更に、ペアの相手を初めとして、ゼミ生同士で互いに教え合う姿勢を大切にしています。

§卒業研究へ向けて: リサーチの楽しさ

英語英米文学科の卒業研究は論文形式に限定されていませんが本ゼミは論文作成にこだわります。論文を仕上げるプロセスを通じ、社会に出てからの仕事を含め、様々な知的活動において、目に見えずとも資するものになる筈です。それは一生の財産と呼べる、かけがえのない宝です。
ゼミ生は課題という形で押しつけられるのではなく、自らトピックを選んで、学期末の研究発表に向け準備をする過程で、リサーチの面白さに気づきます
ゼミ生は原則として学期に1つ、1年間に2つのリサーチトピックに取り組み、3年次の最後にはその内の1つを選んで、期末エッセイを仕上げ、4年生の4月を迎えます。
こうしてゼミ生は早い段階から知らず知らずの内に卒業研究の準備をしていることになります。早くから始めることで、就職活動にもじゅうぶん時間を割くことができ、満足のゆく卒業研究につながります。
以下、4年生の最新の卒業研究トピック(タイトル)をご紹介します。

2016 年度卒業研究トピック(全員が現在執筆中)

  • 英語における主語の省略-幼児の英語・会話・ソーシャルメディアを通じて
  • 接尾辞-ness/-ityによる形容詞の名詞化及び生産性
  • 英語における名詞化及び動詞の項の継承-名詞 communication を中心として
  • 英語における句の語彙化について
  • 代名詞 you の用法
  • 「名詞+名詞」型の複合語の表す意味
  • 英語における転換とその表す意味
  • 前置詞に後続する節及び前置詞の省略
  • 英語における空所化について
  • 語に見られる意味拡張のプロセス
  • Get受動態について
  • 「名詞+名詞」型の複合語の性質について
  • 英語におけるPC表現について
  • Awesomeにみられる語の意味変化-「やばい」と比較して

2016年度前期リサーチトピック一覧(3年生・一部省略)

  • 名詞を造る接尾辞-ness/ -ityの表す意味と性質
  • 英語における構文と情報構造について
  • Get受動態の主語が持つ意味役割
  • 英語と日本語における目的語の省略
  • イディオムに見られるメタファー
  • 英語における逆形成について

§ゼミQ&A

Q1: 負担はどの程度あるのでしょうか?
A1:他のゼミと比べて、極端に負担が多いということはないと思います。毎週1回のゼミ以外では極力、拘束をしないという方針を取っています。
ただし、毎回のゼミへの出席と発表準備にはしっかり取り組むことを求めます。これは当ゼミが特に厳しいというのではなく、どのゼミでも同様であると思います。発表は学期に一回で、研究発表がもう一回ありますが、こちらは卒研準備を兼ねるので「負担」が増えるのではなく、後になって負担が減ります。

Q2:生の英語に接したいのですが、難しくありませんか?
A2:興味とやる気があってしっかり取り組む意欲さえあれば、心配は要りません。最初は難しく感じられたとしても、他のゼミ生の発表を聴き、何より自分で発表することで、抵抗感が薄れ、1年を終える頃には、入ゼミ前には考えられないほど、生の英語が身近になったとゼミ生たちは口を揃えて言ってくれます。

Q3:英語学はこれまで勉強したことがありません。ついてゆけるでしょうか?
A3:まったく心配無用です。最初は発表に必要な知識だけを押さえ、徐々に専門知識を身につければよいのです。英語力に自信がなくても、英語学は誰でも勉強さえすれば身につけることができます。

メッセージ

私の専門分野は,英語学・言語学,特に統語論・形態論による英語及び欧米の言語の分析ですが,伝統文法・学校文法にも関心を持っています。2004年度にロンドン大学(University College London)言語学科にて在外研究を行い,2013年度からはロンドン大学客員研究員(Honorary Research Associate)として毎年のように渡航し、現地で研究をおこなっています。英語英米文学科では,主に英語学に関するいくつかの講義・演習科目の他,専門科目としての英語を教えています。ゼミでは英米の報道番組等をDVDで視聴し,そこに現れる英語の分析を,ゼミ生の発表形式で行っています。単なる語学の勉強に終わらせずに,英語を観察し,問題点を見いだし,卒業研究につなげることを重視しています。こうして培った英語力やプレゼンテーション能力が社会に出てから役立つのはもちろんですが,中には,英語学の基礎を生かして,教職や大学院を志望する学生もいます。 
  I specialise in the syntax and morphology of English and its related languages, using a theoretical, comparative and historical approach to language, with traditional grammar also being a focus of interest. To date, much of my research has centred on the syntactic and morphological structure of noun phrases in English and other Germanic and Romance languages. I teach undergraduate courses in linguistics and English as a foreign language. I also supervise graduate students working on problems in linguistics and interested in teaching English as a foreign language.


 

大学院

英語学特講Ⅲ
生成統語論の枠組みを用いて、統語論で重要とされてきた主な構文を扱い、詳細に検討することを通じ,それらの構文に関する理解を深めることを目的とする。テキストは日本語のものを用いるが、適宜関連する英語論文を読み、英語の学術論文に慣れることを目的とする。理論の為の理論ではなく,常にデータの分析を第一に考え,伝統文法・学校文法を見直すきっかけとなるようにする。受講者は綿密に予習をした上で本文に関して授業で疑問点・問題点等を挙げ,皆で検討するという形で進める。生成文法理論を中心としながらも、必要に応じ構文文法等の理論も援用する。その都度必要となる生成統語論の基礎知識を確認してから始めるので、初学者も心配無用である。
英語学特講Ⅲ演習
本科目においては、統語論・形態論を専門とする学生に資するよう、受講者の関心に沿って、主要な基本文献を下記の論文集から選んで精読する。入門用のテキストを終えた段階と専門論文を読むレヴェルとのギャップを埋め、エッセイ(期末レポート)の完成へつなげてゆく。
英語学特殊研究Ⅱ
本科目においては、統語論・形態論を専門とする学生に資するよう、ミニマリスト・プログラムの進展上、重要な論文を下記テキストより選んで精読する。原典の抜粋に直接当たることで、GB理論からミニマリズムの最先端に至るまでの理論の変革の意味を深く理解することが目的である。
英語学特殊研究Ⅱ演習
本科目においては、生成統語論・形態論を専門として博士論文を作成しようとする学生に資するよう、受講者の関心に沿って、最新の論文を下記の論文集から選んで精読する。各自の研究トピックの最前線で理論的貢献をなすべく、自らの理論を構築するレヴェルにまで引き上げることが目的である。
センディ

センディナビ