教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学部では、教育研究上の目的及び養成する人材の目的を達成するために、教育課程を「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」、「専門科目」の4つの科目群から構成することとし、教育課程全体の体系性・順次性を確保し、かつ教養教育と専門教育の有機的連携を図ります。

日本語学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②日本語による言語活動の基礎となる理論や知識の修得とともに、高度な日本語情報処理に必要となるスキルを修得するための科目を配置します。

③日本語を主とする言語事象に関する情報の収集・分析に必要な知識を修得するとともに、日本語の体系を理解し、日本語を主体的に活用する能力及び日本語を教授する能力を修得するための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、9科目16単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、95科目202単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目

  • 1年次において専門科目の学修を進める準備として、日本語学の概説科目と専門入門ゼミナール(転換・導入科目)、日本語の情報処理科目を必修科目としています。
  • 2年次以降の専門科目では、日本語学の多様な分野を網羅する科目を設置しています。
  • 2年次以降のゼミナールでは、少人数でのゼミ形式の授業を行うことにより、個々の学生の資質を伸ばす教育を行っています。また、口頭発表能力及び文章表現力にも配慮した教育を行っています。

     

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身に付け、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 外国語科目で必修とされている8単位及び専門科目で必修とされている5科目22単位を修得したことをもって、互いの理解を深めることのできるコミュニケーション能力や客観的な視点から観察・分析する能力を身に付けたと評価します。
  • 専門科目から46単位を修得したことをもって、日本語学の各分野についての体系的な知識を獲得し、日本語の歴史的推移を理解したと評価します。
  • 転換・導入科目及び専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、卓越した知見を活かし、国語教育・日本語教育などの教育分野のみならず、ことばを必要とするさまざまな領域に還元しようとする態度を持っていると評価します。
  • 卒業論文8単位の修得をもって、コミュニケーション能力を高めるために必要な方法を自ら選択し、知見、自身の意見や考えなどを、聞き手にわかりやすく説明できる能力を身に付けたと評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

日本文学文化学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②日本の文学と文化に関する幅広い知識を修得し、理解を深めるための、さまざまなジャンルの専門科目を配置します。

③日本の文学と文化及びそれに関連する領域について考察・分析するとともに、それを表現する力を身に付けるための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、8科目14単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、94科目200単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目

  • 1年次より、日本文学・文化に関する基礎的・導入的な専門科目を配当することによって、2年次から本格的に始まる専門科目への準備を行います。
  • 2年次以降の専門科目では日本文学・文化に関する多彩な科目を設置します。
  • 2年次から4年次まで継続して履修する、人数を限定したゼミナールによって、専門分野についての深い知見と研究手法を身に付け、主体的な研究が行える能力を養成します。

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身に付け、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 専門科目から56単位を修得したことをもって、日本の文学と文化に関する幅広い専門知識を修得したと評価します。
  • 転換・導入科目及び専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、日本の文学と文化及びそれに関連する領域への関心を高め、意欲的に学ぶことができると評価します。
  • 卒業論文8単位の修得をもって、創造的な表現力を身に付けているとともに、国際的な視野に基づく総合的な思考・判断ができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

英語英米文学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②グローバル社会で役立つ高い英語運用能力の修得とともに、国際的な事象や異文化について考察し、それらに対応するために必要となるスキルや実践力を修得するための科目を配置します。

③英語圏の文学・文化・歴史および英語に関する知識や教養を修得するとともに、英語圏文化に関する様々な事象について考察し、自分の解釈を論理的に表現するための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、9科目16単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、94科目200単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目

  • 1年次において専門科目の学修のための導入科目として「英語英米文学概論1・2」を必修科目として開講しています。
  • 1・2年次においては、聞く・話す・読む・書くという英語4技能それぞれに特化した科目と統合した科目の計14科目をそれぞれの学生の英語力に応じて学修できるように習熟度別クラスにて必修科目として展開しています。2・3・4年次では、英語力をさらに高められるように、多種の上級英語スキル科目計14~16科目を選択必修科目として展開しています。
  • 2・3・4年次では、英語圏の文学や文化や英語に関する多彩な専門科目を選択必修科目として計64~78科目展開しています。
  • 3・4年次では、少人数でのゼミ形式の授業を行うことで各自の個性的な資質の涵養に努めるゼミナールを必修科目として展開しています。

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身に付け、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 外国語科目で必修とされている4単位及び専門科目でコース毎に決められた必修科目の単位を修得したことをもって、高い英語運用能力を修得するとともに、英語圏の文学、文化や歴史や英語に関する知識を修得したと評価します。
  • 専門科目でコース毎に決められた選択必修科目及び選択科目の単位を修得したことをもって、英語圏の文学、文化や歴史についての広い教養やグローバル社会で役立つ英語運用能力を修得したと評価します。
  • 転換・導入科目及び専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、グローバル社会で役立つ英語運用能力を発揮し、思考・判断した内容を明確に表現できると評価します。
  • 卒業研究4単位の修得をもって、自らの研究について、その有効性とともに問題点を理解し、相互批判を積極的に行うことができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

哲学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②哲学・思想のさまざまな領域で蓄積されてきた多様な時代や地域の知識・理論を修得習得しつつ、自分を絶対視することなく他者や異文化を理解する柔軟な視点を得るための科目を配置します。

③哲学・思想上の文献を正確に読解する能力を培うとともに、そこで扱われている諸問題を分析的にとらえ筋道立てて思考する能力と、諸問題に対する自己の解釈を説得的に表現する能力を養うための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、9科目16単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、91科目194単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目
ものごとを分析的に捉え、筋道立てて思考し、また、他者や異文化を理解する能力を培うために、専門科目群及びゼミナールを中心とする演習科目を通じた学修指導を行います。
  • 1年次に、大学のカリキュラム編成に慣れ、教養科目と専門科目の調和を図るための専門入門ゼミナール(導入・科目)と、主な哲学分野の基礎を学ぶ概論科目を配置しています。また必修科目「哲学の手ほどき」を通じて、学生の関心を広げるとともに、興味と専門分野のミスマッチを避ける方策を導入しています。
  • 他者や異文化を理解する能力を培うための、多彩な概説科目を、1年次から20科目配置しています。
  • 哲学を深く学ぶための古典語であるギリシア語・ラテン語について、1年次は入門科目、2年次以降は文献講読の科目を配置しています。
  • 2年次からは、ものごとを分析的に捉え、筋道立てて思考するための実践的な訓練としてゼミナールを配置しています。
  • 4年次に、文献の正確な読解と自らの見解を的確に表現する方法を身に付けるための卒業論文を配置しています。

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身に付け、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 外国語科目で必修とされている8単位及び専門科目で必修及び選択必修とされている44単位を修得したことをもって、自分を絶対視することなく、他者や異文化を理解する柔軟な視点を持つことができると評価します。
  • 専門科目から28単位を修得したことをもって、哲学・思想のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得したと評価します。
  • 転換・導入科目及び専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、文献を正確に読解する能力に基づいて、自己の解釈を説得的に表現できることができると評価します。
  • 卒業論文8単位の修得をもって、ものごとを分析的にとらえ、筋道立てて思考することができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

歴史学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②日本及び世界各地域の過去の歴史において起こった諸事象について深く学び、これを理解することができる能力を修得するための科目を配置します。

③過去の歴史に見られる諸事象についての研究を深め、その特徴や問題点などについて明らかにするために必要な手法を修得するための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、9科目16単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、94科目200単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目

  • 1年次から歴史学各分野の概説科目を設置しています。
  • 2年次には歴史研究に特に必要とされる史料の読解のため、多様な言語・史料の「歴史資料研究法」20科目を配当します。
  • 2・3年次で多彩な専門科目を設置します。
  • 日本・世界の最新の歴史的動向を把握できる「世界史講義」を設置します。
  • またゼミナール1・2を設置し、少数人数でのゼミ形式の授業を行うことで、各自の個性的な資質の涵養に努めます。

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身に付け、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 専門科目で選択必修とされている12単位及び選択科目42単位を修得したことをもって、歴史上の諸事象を理解し、その課題を解決しうる分析手法を身に付けたと評価します。
  • 転換・導入科目及び専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、歴史上の様々な事象のうち、特定の分野について、自ら問題を設定し、研究を深めた上で、その成果を説得力をもって表現できると評価します。
  • 卒業論文8単位の修得をもって、自らの研究について、その有効性とともに問題点をも理解し、相互批判を積極的に行うことができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します

環境地理学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②日本及び世界各地域の過去の歴史において起こった諸事象について深く学び、これを理解することができる能力を修得するための科目を配置します。

③過去の歴史に見られる諸事象についての研究を深め、その特徴や問題点などについて明らかにするために必要な手法を修得するための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。

また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、9科目16単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、94科目200単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目

  • 1年次から歴史学各分野の概説科目を設置しています。
  • 2年次には歴史研究に特に必要とされる史料の読解のため、多様な言語・史料の「歴史資料研究法」20科目を配当します。
  • 2・3年次で多彩な専門科目を設置します。
  • 日本・世界の最新の歴史的動向を把握できる「世界史講義」を設置します。
  • またゼミナール1・2を設置し、少数人数でのゼミ形式の授業を行うことで、各自の個性的な資質の涵養に努めます。

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身にけ、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 専門科目で選択必修とされている12単位及び選択科目42単位を修得したことをもって、歴史上の諸事象を理解し、その課題を解決しうる分析手法を身に付けたと評価します。
  • 転換・導入科目及び専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、歴史上の様々な事象のうち、特定の分野について、自ら問題を設定し、研究を深めた上で、その成果を説得力をもって表現できると評価します。
  • 卒業論文8単位の修得をもって、自らの研究について、その有効性とともに問題点をも理解し、相互批判を積極的に行うことができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

ジャーナリズム学科

(1)教育課程

  • 「転換・導入科目」、「教養科目」、「外国語科目」では、中央教育審議会答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換・導入科目」は、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学ぶとともに、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外国語科目」は、学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎・基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位数等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。

(2)学位授与の方針を踏まえた教育課程編成の方針

①人類の文化や社会、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。

②ジャーナリズム活動の基礎となる理論や知識の修得とともに、表現活動や実践活動の場面に必要となるスキルや実践力を修得するための科目を配置します。

③社会事象に関する情報を収集・処理・分析する知識を修得するとともに、情報の意義や役割を理解し、情報を主体的に活用する能力を修得するための科目を配置します。

④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識・能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。

(3)学位授与の方針を踏まえた教育課程実施の方針

①学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観点を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入学者が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる内容とし、キャリア教育は、卒業後も自律・自立して学習できる観点を踏まえた内容としています。

②知識の理解を目的とする教育内容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度・志向性及び技能の修得を目的とする教育内容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育内容は、実習形式や実践形式を交えた授業形態を採ります。

③学修者の能動的な学修への参加を促すために、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等をはじめとする能動的学修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同学習、ケーススタディなどによる発見学習、調査学習、体験学習を導入します。

④教育課程編成・実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、体系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。

⑤年次やセメスターごとの教育内容の全体が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、学生が学習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位数を明示することとしています。

(4)教育内容・方法

1.転換・導入科目
「転換・導入科目」は、専修大学の入門・基礎科目として位置づけられています。高等学校段階の教育と大学での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を配置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる最低限の読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力などの技能や能力を身に付けます。

また、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修すると同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議会答申などで指摘されている「学士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科学」など、6科目10単位を配置しています。

2.教養科目
「教養科目」は、「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「保健体育系科目」から構成しています。各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科学基礎科目」、「社会科学基礎科目」、「自然科学系科目」では、特に、文化・歴史・社会、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視点からの総合的な学習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健体育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、学部・学科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、94科目200単位を配置しています。

3.外国語科目
「外国語科目」は、英語をはじめとする外国語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外国語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入学時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人数クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外国語については、多くの学生が初めて学ぶ科目であることを踏まえ、初級・中級・上級とそれぞれの学習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化・多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を学ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。

4.専門科目
「専門科目」は、「基礎科目」、「基幹科目」、「発展・応用科目」、「関連科目」の科目群から編成することとしており、4年間の体系的な科目履修を通して、知識と能力を身に付けることが可能となるよう配慮し、基礎から基幹、基幹から応用へと発展させるための教育課程の編成としています。

  • 基礎科目

「基礎科目」は、ジャーナリズム学を学ぶ目的やジャーナリズム学の学問体系の理解のもと、ジャーナリズム活動の基礎となる理論や知識の理解と表現活動に必要となる情報表現スキルを修得するための科目として、4科目8単位を必修科目として配置するとともに、12科目24単位を選択科目として配置しています。

  • 基幹科目

「基幹科目」は、「基礎科目」の理解のうえに、ジャーナリズムに関する基本をより具体的に理解するとともに、「専門教育」における「発展・応用科目」を履修にあたっての基盤となる基礎的な理論や知識を修得するための科目として、26科目52単位を選択科目として配置しています。

  • 発展・応用科目

「発展・応用科目」は、ジャーナリズムに関する基礎的な知識を実践活動の場面に適用することができる実践力をもって、ジャーナリズムの諸活動を主体的かつ合理的に行う能力と態度を育成するとともに、各自のテーマに即した研究計画の設定から資料収集や事例分析、意見交換、成果発表などの能動的な学習を通して、基礎的な研究能力を養成するための科目として、6科目16単位を必修科目として配置するとともに、29科目58単位を選択科目として配置しています。

  • 関連科目

「関連科目」は、卒業後の進路を踏まえたうえで、学生の興味と関心に応じた選択の幅を広げ、主体的な科目の選択が可能となるための科目として、30科目60単位を選択科目として配置しています。

(5)学修成果の評価方法

  • 教養科目から6単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身に付け、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 外国語科目で必修とされている8単位の修得をもって、国際的な視野に立つ基礎的能力を身に付けていると評価します。
  • 専門科目で必修とされている24単位及び選択科目58単位を修得したことをもって、社会的・国際的諸課題に対して、情報・事実・データを分析し、問題を発見して、その解決に向けた見解を論理的に表現し、議論する能力を修得していると評価します。また、公正性・多様性と持続性といった観点から、人と社会のあるべき姿について思考し、自分なりの見解として表現することができると評価します。
  • 専門科目におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、自ら問題を設定し、研究を深めた上で、その成果を説得力をもって表現できると評価します。
  • 卒業論文・制作6単位の修得をもって、自らの研究について、その有効性とともに問題点をも理解し、相互批判を積極的に行うことができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

人文・ジャーナリズム学科

(1)教育課程

  • 転換教育課程として、1年次に専修大学入門科目を配置しています。
  • 導入教育課程として、1年次に専修大学基礎科目(基礎統計学、キャリア教育関連科目、情報リテラシー関連科目、基礎自然科学、外国語基礎科目、スポーツリテラシー)を配置しています。
  • 教養教育課程として、1・2年次に人文・社会科学関連の基礎的な科目(人文科学基礎関連科目、社会科学基礎関連科目)、2年次以降において学際的なテーマを扱う科目(融合領域科目)、そして全学年を通じて自然科学系科目、外国語系科目、保健体育系科目を配置しています。
  • 専門教育課程においては、2年次以降において、学問の深化と相互連携に対応して「東西文化」、「生涯学習」、「ジャーナリズム」の3コースを設置 し、いずれかのコースに所属した学生に対して、それぞれのコースに定められた授業を開講します。また、各コースの専門領域に関わる科目群の他に、各コース を横断する「アーカイブ関連科目群」を配置しています。

(2)教育の内容・方法

1.転換教育課程(専修大学入門科目)
転換教育課程では、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を設置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる技能や能力(読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力)を身につけます。

2.導入教育課程(専修大学基礎科目)
導入教育課程では、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修します。同時に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身につけます。
  • 基礎統計学では、データを正しく読み取り、分析し活用する力を身につけます。
  • キャリア教育関連科目では、自分の生き方を主体的に考え、行動することで、将来を切り開く力を身につけます。
  • 情報リテラシー関連科目では、ITを使って科学的・論理的に情報を分析、活用する力を身につけます。社会の一員としての役割を意識させます。
  • 基礎自然科学では、身近な自然現象や最先端の科学に対して関心を持ち、諸問題について自ら考える力を身につけます。
  • 外国語基礎科目では、語彙・文法などについて基礎的かつ体系的に理解し、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野から様々な 問題に取り組み力を身につけます。英語は必修とし、その履修にあたっては習熟度に基づくクラス編成をとることで、学生自身の学修進度にあった英語力の育成 をはかります。英語以外の外国語は必修とし、基礎的内容から学ぶ事で外国語の能力の育成を図ります。
  • スポーツリテラシーでは、スポーツを通じてコミュニケーション・スキルを育みながら、実践的な身体活動やスポーツが有する価値の学修を通して、社会生活上の諸問題を解決できる力を身につけます。

3.教養教育課程(教養科目)
教養教育課程では、各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成します。
  • 人文科学基礎関連科目、社会科学基礎関連科目、自然科学系科目では、それぞれの分野が対象とする問題や知見、用語を知り、社会の諸問題について、自ら考え、その解決に取り組む力を身につけます。
  • 融合領域科目では、同じテーマであっても複数の領域からのアプローチが存在することを理解し、多面的な思考能力や幅広い視野から社会の諸問題の解決に取り組む力を身につけます。
  • 外国語系科目では、導入教育課程の外国語基礎関連科目の修得を踏まえ、より高度なレベルの運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行なうことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野から様々な問題に取り組む力を身につけます。
  • 保健体育科目では、導入教育課程のスポーツリテラシーの修得を踏まえ、スポーツを通じてコミュニケーション・スキルを育みながら、実践的な身体活動やスポーツが有する価値の学修を通して、社会生活上の諸問題を解決できる力を身につけます。

4.専門教育課程(専門科目)
  • 1年次には、3つのコースに対応した各分野の基礎的知識を養うために、各分野の概説科目を設置しています。
  • 2年次からの専門教育課程科目では、「東西文化」、「生涯学習」、「ジャーナリズム」の3コースを学ぶ上で必要とされる、多彩で最新の専門科目を設置します。
  • それぞれの進路で必要とされる科目を段階的かつ体系的に学修するとともに、他コースの専門科目の中から希望の科目を選択して学修することによって、幅広い知識と高い問題意識を修得することができます。
  • 2年次から専門ゼミナールを開講し、少人数でのゼミ形式での授業を行うことで、各自の個性的な資質の滋養に努めています。
  • 海外語学留学制度などの活用や、起業へのインターン制度を導入するなど、現場における実践的な教育を行います。

(3)学修成果の評価方法

  • 教養教育課程の科目から8単位を修得したことをもって、文化・歴史・社会、自然などについて幅広い教養を身につけ、社会生活上の諸課題に取り組むための多様な視点を有していると評価します。
  • 導入教育課程の外国語基礎科目8単位の修得をもって、国際的な視野に立つ基礎的能力を身につけていると評価します。
  • 専門教育課程で選択必修とされている36単位および選択科目16単位を修得したことをもって、社会的・国際的諸課題に対して、情報・ 事実・データを分析し、問題を発見して、その解決に向けた見解を論理的に表現し、議論する能力を修得していると評価します。また、公正性・多様性と持続性 といった観点から、人と社会のあるべき姿について思考し、自分なりの見解として表現することができると評価します。
  • 専門教育課程におけるゼミナール(演習科目)の単位を修得したことをもって、特定の分野について、自ら問題を設定し、研究を深めた上で、その成果を説得力をもって表現できると評価します。
  • 卒業論文8単位の修得をもって、自らの研究について、その有効性とともに問題点をも理解し、相互批判を積極的に行うことができると評価するともに、卒業認定・学位授与の方針に掲げる全ての資質や能力が身についたことを総合的に評価します。
センディ

センディナビ