法律学科(2020年度入学者)

法律学科


個人の自由が調和する新しい社会には、
どんな“法”が必要だろうか

人が自由であるために、そして個人の自由が調和する社会の実現のために法は存在します。
この法とは何かを考え抜く精神がリーガルマインドです。
法律学科では、リーガルマインドを醸成し、新たな社会をつくる法の専門家となるために、幅広い視野と発想力を鍛えていきます。
論理学や哲学などの教養科目によって視野を広げつつ、めざす将来に応じた履修モデルを選択。
法律の専門職、公務員、企業法務、研究・教育者という4方向12の履修モデルで、幅広い興味にこたえます。

1年次から12の履修モデルを参考にめざす将来に応じて学べる

法曹モデル
基本六法に重点を置き、弁護士や検察官、裁判官、司法書士に必要な法律知識と法的思考能力を養います。
行政書士モデル
憲法、行政法など公法分野や民法を中心に、行政書士の国家資格受験に必要な科目を学びます。
租税法務モデル
租税法務に必要な法的知識を学び、公認会計士、税理士、国税専門官などをめざします。
国家公務員・地方公務員モデル
公務員、検察事務官、衆議院・参議院事務局職員等に必要な公共法務に関する知識を深めます。
警察官・消防官モデル
憲法や刑事法、犯罪学などを中心に学び、行政や法と正義について深く考察します。
裁判所事務官モデル
裁判の進行を円滑にサポートする公務員職をめざし、裁判や訴訟に関する科目を中心に履修。
一般ビジネス法務モデル
会社の仕組み等について定める会社法や、企業の経済活動に関わる商法を中心に学修。
金融ビジネス法務モデル
会社法や商法、その基礎となる民法を中心に、金融業界、金融取引で必要とされる法的知識を修得。
不動産・建設ビジネス法務モデル
宅地建物取引士や不動産鑑定士の試験にも備え、不動産・建設業界をめざします。
外国の法と法の歴史モデル
国内外の法や法と社会について歴史をふまえて学び、研究者への道も拓けます。
国際関係法モデル
国際機関やNGO職員などをめざして、国際関係をめぐる法と政治の問題を学びます。
教職モデル
中学校や高等学校の教師をめざすモデル。教員免許の取得には、別途教職課程の履修が必要です。

成長のプロセス

1583645867281
1・2年次
大学や社会で求められる知識や技術、能力を伸ばしながら、履修モデルに沿って、専門科目を学ぶ
1583645867433
3年次
興味・関心に基づいたゼミで専門的研究を深める
1583645867347
4年次
それぞれの学修を深め、リーガルマインドを高める
【4年間で身につく力】
リーガルマインドをベースに幅広い視野と発想力を養成