法学部
School of Law
神田キャンパス

140回連続講演会


専修大学法学部は、専修大学創立140年を記念して2015年9月から140回連続講演会を開催しています。今年度も現代的な諸問題から理論的問題まで多様なテーマを扱い「知の発信」を続けていきます。
皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。


(1)講演者 本学法学部・法科大学院所属教員、法学部退職教員、
                       本学卒業生および現在社会でご活躍されている方々
(2)期 間 2015年~2019年
      1)開催曜日 火曜日・金曜日
      2)開催時間 火曜日 18:15~19:45
                       金曜日 19:00~20:30
                         土曜日(以下の日程で開催いたします)
          6月15日(土) 第132回: 10:45~12:15
          7月  6日(土) 第137回: 14:00~15:30  
                                   ※いずれも質疑応答の時間を含む
     3)開催場所 専修大学 神田キャンパス 5号館4階541教室
     4)講 演 名 下記<2019年度 前期開催予定>をご参照ください
 
<2019年度前期開催>担当者、テーマについては変更する場合もあります。
前期140回連続講演会(チラシ)はこちらから
開催日担当者テーマ
第125回  5月7日(火)     前川 亨
(法学部教授)      
「三一運動・五四運動100周年によせて――「東アジアの中の日本」を考える」
第126回        5月14日(火)高橋 脩一
(法学部准教授) 
「社会における法の実現と訴訟手続―アメリカにおける議論から―」
第127回5月17日(金)           大西 楠・テア
(法学部准教授)             
入管法改正と就労資格の拡大
第128回5月21日(火)内藤 光博
(法学部教授)
イタリア憲法における国民投票の仕組みと実態-市民が政治を変える直接民主主義の一つの形-
第129回5月24日(金)増田 英敏
(法学部教授)
『譲渡所得課税の論点整理』
第130回6月4日(火)大槻 文俊
(法学部教授)
「下請代金支払遅延等防止法の基礎知識」
第131回6月11日(火)川上 洋平
(法学部准教授)
「ポストフランス革命期の政治と宗教――民主主義を考える」
第132回6月15日(土)須加 憲子
(法学部准教授)
「最近の環境判例と民法」- 原発訴訟・化学物質過敏症訴訟などをテーマに「個人の利益」と「みんなの利益」との違いを考える-
第133回6月18日(火)大井 万紀人
 (法学部教授)
「キュリー一家の栄光と悲劇:原子核研究と放射線障害」
第134回         6月25日(火)     石井 智弥
(法学部准教授)
「フランスにおける精神的損害の賠償」
第135回7月2日(火)瀬尾 忠義
毎日新聞社 夕刊編集部次長      
「震災と報道機関」
第136回7月5日(金)根岸 徹郎
 (法学部教授)
「《人間》と《人間そっくりさん》との交わり――文学・映像表現・漫画にみる〈人間の条件〉」
第137回7月6日(土)佐々木 和夫
(法学部准教授)  
幅寄せ・あおり運転等の犯罪性―刑法各則の観点を中心として―
第138回7月12日(金)中西 優美子
一橋大学法学研究科教授
「イギリスのEU離脱(Brexit)と法」
第139回7月16日(火)黒田 友哉
(法学部准教授)
「ヨーロッパ統合と脱植民地化、冷戦―第四共和制後期フランスを中心に」
第140回7月19日(金)池本 卯典
日本獣医生命科学大学名誉学長
自治医科大学名誉教授
専修大学そして法医学と人類遺伝学
センディ

センディナビ