経済学部 
国際経済学科
Department of International Economics
生田キャンパス

国際経済学科

海外での体験を通して、
国際経済学の真の意味を理解する。

現代の国際社会を理解するために、国際経済学科では、国際協力のあり方や先進国と発展途上国の格差など、世界の多様な現実を学ぶ科目を豊富に設置しています。学科独自の「海外特別研修」や「NGO 論」、そして海外留学など、現地での体験から学ぶ機会も数多く用意しました。また、外国語も英語を中心に、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、コリア語を学科の専門科目として学べるようにしています。国際経済学科で身につけた経済理論と語学力は、グローバル社会での活躍へとつながっていくに違いありません。

学びの特徴

語学力を重視

語学力を重視

国際社会、世界経済を理解するツールとして語学を強化しています。必修科目の英語に加え、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、コリア語と選択科目も充実しています。
留学を奨励

留学を奨励

交換留学・中期留学・短期留学プログラムなど、専修大学は留学の機会を豊富にそろえています。留学先で修得した単位の多くは認定されるため、留学しても4 年間で卒業できます。
少人数教育を徹底

少人数教育を徹底

グローバル社会で通用するためには、積極的な自己表現の習得が不可欠です。国際経済学科では少人数教育を実施し、教員や研究仲間との活発なコミュニケーションを通じて、相互理解力や自己アピール力を高めていきます。

3つの研究科目群

地域研究
世界の主要な地域や国を対象に、経済や政治の地域性に着目して学び、世界各地の経済・社会システムを理解するための科目群です。世界の主要諸地域を専門とする専任教員がいるため、興味を持った地域を深く学ぶことができます。
比較研究
国際的な視野で世界と日本を相対化しながら、日本の経済・社会の特質、アジア諸国やアメリカとの経済関係について学び、理解する科目群です。経営や労使関係など様々な側面から比較研究し、国際社会全体の理解を深めます。
問題群研究
世界の経済活動の他、国際協力や地球環境、資源・エネルギー、外国人労働者、世界の農業問題など幅広いテーマを学びます。また、民族、宗教、文化、ジェンダーなどにも目を向け、現代の国際社会をより深く理解します。

成長のプロセス

成長のプロセス1年次_国際経済学科
1年次
初年次教育と外国語教育で基礎を固める
国際経済学科での学び方や外国語を学び、国際社会を学ぶための基礎を固める。
成長のプロセス2年次_国際経済学科
2年次
国際経済の専門知識を学ぶ
「国際経済論」や「国際協力論」などを学び、海外の現状を知る。
成長のプロセス3年次_国際経済学科
3年次
海外へ出て各国の実情を比較する
ゼミでの海外フィールドワーク、「海外特別研修」や「NGO 論」などに参加して、さらに現状理解を深め、比較研究する。
成長のプロセス4年次_国際経済学科
4年次
ゼミ論文で研究の成果をまとめる
これまでの海外体験と研究から、自分なりの問いと解をまとめあげる。
世界的視野から経済活動をとらえ、自ら考える力を養成。
センディ

センディナビ