専修のキャリアサポート

就職の専修 専大生は10年後がちがう

専修大学の卒業生は社会に出てからが違います。
それは専修大学のビジョン“社会知性の開発”をテーマに、社会が求める人材を育成していることと、学生の意欲や未来の可能性を社会とつなぐ仕組みがあるからです。そして、その仕組みは熱意ある教員・職員、OB・OGによって運営されています。
例えば、学生の“なりたい”“挑戦したい”を実現するために、6つのジャンル「キャリアデザイン」「就職支援」「資格・採用試験」「留学・国際交流」「奨励・奨学生制度」「I Tスキル」で独自のプログラムをつくり、手厚いサポートを実施。また、企業との関係構築にも積極的に取り組み、大手企業をはじめ長く安心して勤務できる企業を学生に紹介しています。いちばんは学生一人ひとりが自身の強みと弱みを把握し、自分に合った将来を選択できるよう、専門スタッフたちがきめ細かく指導し学生と共に歩んでいること。これが“就職の専修”と言われる理由です。

3部門のトリプル・サポートによる就職・資格支援の実現

一人ひとりにきめ細やかで柔軟な将来設計をしてもらうために

専修大学では、3つの部門がそれぞれ専門分野を担当しながら協力し、一人ひとりの学生の未来をつくるお手伝いをしています。学生の多様な就職・資格支援を実現するためにトリプル・サポートシステムをとりました。

自分の可能性を見つけるために

キャリア支援

キャリア支援「キャリアデザインセンター」

社会を牽引する能力を育成!
リーダーシップや課題解決能力を高めるプログラムが充実
キャリアデザインセンターは「自己理解」「社会理解」「能力開発」を基本とした様々なプログラムと個別相談(キャリアカウンセリング)により、学生一人ひとりが自分の働き方や生き方を考え、なりたい自分の姿を自分らしく作り上げることをサポートしています。
入学直後から段階的に社会に触れる機会を持つことによって目標が徐々に明確になり、3年次生から始まる就職活動も順調に進められます。

将来の最適な仕事を選ぶために

就職支援

就職支援「就職部」

年間相談件数は14,000件以上
就職課スタッフの学生一人ひとりに対する面倒見の良さは全国でもトップクラス
3年次の就職シーズンに、多様な企業情報や、多彩な就職対策講座を提供し、個別相談や模擬面接を行い、希望の就職を実現するのが、就職部です。年間14,000件以上の個別相談や延べ8,800件以上の企業求人情報、延べ1,100社以上が参加する学内企業説明会など、学生が十分満足できる情報を提供しています。いつ来ても、どんな悩みや相談にでも、親身に対応するスタッフがそろっています。

将来に向けて挑戦するために

資格支援

資格支援「エクスステンションセンター」

キャンパス内で受講できる!
ビルトイン・スクール方式で外部スクールに通う必要なく、効率的・経済的!
法曹(法律家)や公認会計士などの難関資格や、公務員試験合格をめざす学生の夢の実現の支援をするのが、エクステンションセンターです。学生が大学と高い費用のかかる専門学校のかけもち(Wスクール)で苦労しないように、大学の授業と両立するスケジュール、そして安い費用で、大学内において専門学校の講座を受講できるシステムを実現。伝統の個別指導システムや、大学独自のカリキュラムなど、専門学校では受けられないノウハウもたくさん用意しています。
センディ

センディナビ