• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

経済学科再編!3学科へ!!

SENSHU2020 NEWS&TOPICS NEW!専大 2020年4月、新しい専修大学はじまる。

SENSHU2020 NEWS&TOPICS 6つのTOPICS 2020年度専修大学入試

NEWS02 経済を異なる視点から考える2つの新学科が誕生。経済学科を再編し、経済学部は3学科に

2020年4月、経済学科再編。
経済学部は2学科から3学科へ。

日本ではじめての「経済科」として誕生した経済学部は、経済のグローバル化にもいち早く対応し、1996年には「国際経済学科」を設置。そして2020年、先を読みにくい激動の時代にあって、確かな指針となる経済学を体系的に学べる「現代経済学科」、私たちの生活に関わる問題を経済学の視点で捉える「生活環境経済学科」を加えた3学科で、経済学の知見をよりよい社会の実現のために役立てられる社会・経済人の育成をめざします。

経済学部 3つの学科

NEW 現代経済学科 グローバルスタンダードな経済学を体系的に学ぶ

グローバルスタンダードな
経済学を体系的に学ぶ

NEW 生活環境経済学科 私たちの「生活の質」の向上を経済学の視点から考察する

私たちの「生活の質」の向上を
経済学の視点から考察する

国際経済学科 語学と経済学を身につけグローバル経済を読み解く 国際経済学科の詳細は本学ホームページでCHECK!

語学と経済学を身につけ
グローバル経済を読み解く
国際経済学科の詳細は
本学ホームページでCHECK!

経済学部 現代経済学科 new

グローバルに通用するミクロ・マクロ両面の経済理論と、実証分析のツールとしての統計学を基礎から段階を踏んで体系的に身につけたうえで、自分が関心を持った現実の経済問題をデータをもとに分析する力を養います。論理的で実証的なアプローチこそ、先を読みにくい時代の確かな力になります。

こんな興味にこたえます

国や自治体の政策に関わりたい

企業や産業の未来像を探りたい

国や企業を動かすお金の仕組みを知りたい

データ分析を本格的に学びたい

4年間の流れ

1年次

充実の導入科目で興味を育てる

2年次

ゼミに所属し自分の専門を探る

3年次

プログラムに沿って専門性を高める

4年次

ゼミ論文で研究の成果をまとめる

4年間の流れ

4年間で身につく力

経済の全体像を見渡せる視野と経済問題を実証的に分析できる力を修得

学びの特長 01

手厚い初年次教育を経て、
段階的に専門性を深められる

入学後、「現代経済基礎」でわれわれを取り巻く経済の現状を知り、1年次後期の「経済基礎演習」では異なる分野の教員が交代で、魅力溢れる経済学の扉を開き、学びのモチベーションをオンに。経済理論や統計学も入門科目から丁寧にスタート。ゼミナールは2年次から始まり、少人数で実践的に学べる環境を用意しています。

学びの特長 02

将来、経済学をどう活かすか、
キャリアをイメージしながら学べる

実社会で経済学がどう応用されているかを肌で感じられる「学外特別研修」のインターンシップ体験や、3年次でのプログラム選択を通し、将来どんな分野で力を発揮したいかを探りながら専門知識を深められます。また、企業や外部団体から講師を招き、社会の今にふれる機会を設けています。

学びの特長 03

3年次に4つのプログラムから選び、専門分野を掘り下げる

4つのプログラムと授業科目の一例

経済政策プログラム

企業産業プログラム

金融プログラム

経済理論プログラム

経済学部 生活環境経済学科 new

地域・都市、自然環境、福祉システム、働き方など、“生活の質”を左右する研究テーマを経済の視点で発見し、課題に取り組みます。4つのプログラムに沿って専門を深めるとともに隣接する関連分野によって広い視野も育成。公共的・社会的サービスや、地域ビジネスをはじめ市民としても生活の質向上に貢献できるマインドを養います。

こんな興味に答えます

都市や地域が抱える問題に取り組みたい

新しい働き方や雇用のあり方を探りたい

社会的課題を解決する企業で働きたい

経済の歴史を学び、検証する目を養いたい

4年間の流れ

1年次

経済を学ぶ基礎を固める

2年次

プログラムを選択し、自分の専門を探る

3年次

ゼミで専門性を高める研究

4年次

ゼミ論文で研究の成果をまとめる

4年間の流れ

4年間で身につく力

生活環境に関わる課題を発見し、経済学の知見で解決する力を育成

学びの特長 01

丁寧な導入科目で、
経済学を学ぶ準備を整える

「経済へのアプローチ」で、高校の公民から大学で学ぶ経済学へとスムーズにつなぎます。経済学では不可欠な統計データの扱いも、文系でも苦手意識を持つことのないよう少人数体制で指導。資料の調べ方やレポートの書き方など、大学での学び方も、入学後すぐ「専修大学入門ゼミナール」で学べます。

学びの特長 02

早期のプログラム選択で
じっくりと深く専門性が身につく

2年次で4つのプログラムから1つを選び、その履修モデルに沿って、関心を掘り下げていきます。早くから学ぶ目的が明確になるため、現代社会が抱えるそれぞれの問題について高い意識を持って取り組めます。3年次に「プログラム修了証」の取得も可能で、就職活動において専門分野について自信を持ってアピールできます。

学びの特長 03

2年次に4つのプログラムから選び、
専門分野を掘り下げる

4つのプログラムと授業科目の一例

地域・環境プログラム

福祉・労働プログラム

社会経済史プログラム

経済システム・理論プログラム

CHECK!

経済学部3学科の違いとは?

3学科とも、基本的には経済の仕組みを学び、現実社会で起こっていることについて理解を深めますが、学科によってどの領域に重点を置くかが異なります。

学科それぞれの学びと研究テーマ例

現代経済学科

研究テーマ例

・日本の財政赤字を立て直すには

AI時代の産業構造の変化

アベノミクスの成果とは

地元川崎市の中小企業の未来を探る

生活環境経済学科

研究テーマ例

小田急電鉄の沿線開発と地域の暮らし

・震災復興における地方銀行の役割とは

女性の働き方と経済効果

持続可能な社会と福祉政策

国際経済学科

研究テーマ例

開発途上国でフィールドワーク

・労働人口の減少と移民政策

東アジアの中の日本のあり方

TPP貿易自由化を考える

LINEtwitter
入学センター公式SNS
senshu-navi
入試に関するお問い合わせは、入学センターインフォメーションへ
神田キャンパス
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
TEL:03-3265-6677
生田キャンパス
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
TEL:044-911-0794
センディ

センディナビ