• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

国際コミュニケーション学部が新たに誕生します

SENSHU2020 NEWS&TOPICS NEW!専大 2020年4月、新しい専修大学はじまる。

SENSHU2020 NEWS&TOPICS 6つのTOPICS 2020年度専修大学入試

NEWS01 国内で、海外で、グローバルに活動できる力を養成。国際コミュニケーション学部を新設

2020年4月、
「国際コミュニケーション学部」始動。

言語・文化・歴史等の多彩な科目と多くの海外体験を通して真の国際性を養成。“国際化の進む日本で”“日本から海外に向かって”という2方向でのグローバル化が進展する現在に、確かな国際理解をふまえて立ち向かえる人材を育てます。学びの場は神田キャンパス。同キャンパスで学ぶ法学部・商学部と連携した科目も用意され、より視野を広げることができます。

国際コミュニケーション学部 2つの学科

NEW 日本語学科

国際社会とのつながりを考えた、
日本語のエキスパートをめざす

NEW 異文化コミュニケーション学科

複数の外国語(英語プラス1言語)を身につけ、
国際社会を多面的に理解する

国際コミュニケーション学部 日本語学科 new

日本語の持つ様々な特徴や性質に、学問的・理論的観点からアプローチします。また、国内外で増え続ける日本語教育等のニーズにこたえ、学ぶ側と教える側の両視点から日本語習得のプロセスを理解し、日本語を科学的に分析する手法も修得します。日本語のエキスパートとして、グローバル社会で活躍できる人材を育みます。

こんな興味に答えます

国語科教員として国語の魅力を伝えたい

外国人に日本語をわかりやすく教えたい

ことばの成り立ちや文法に興味がある

テレビ、雑誌、SNSで使われる
ことばが気になる

4年間の流れ

1年次

日本語学の基礎と研究スキルを身につける

2・3年次

少人数のゼミで関心のあるテーマを研究

4年次

卒業論文で研究の成果をまとめる

4年間の流れ

4年間で身につく力

言語への多面的アプローチから思考法と洞察力を修得

学びの特長 01

多彩なアプローチを通して
日本語そのものを深く探求する

1年次では、まず研究の手法や日本語データの加工処理など、学びの基礎を養成。2年次以降は、言語の歴史や現代語の研究、資料研究など様々な角度から日本語にアプローチし、ことばを用いたより良いコミュニケーションを考えていきます。また異文化コミュニケーション学科と共有する専門科目により、異文化や諸言語の理解を通した国際的視点で日本語を探求していけます。

学びの特長 02

海外での日本語教育実習や
日本語のプロによる協力講座を実施

日本語を母語としない人に教える日本語教師をめざす人向けに、「日本語教育実習」を韓国(約2週間)やカナダ(約6週間)で実施。この他にも、メディアや言語研究機関で日本語学のプロの現場にふれる「日本語学応用実習」があります。また、新聞校閲やナレーションのプロなどによる協力講座など、多彩な学び方を提供します。

学びの特長 03

めざす進路や興味分野に応じた
7つの履修モデル

国際的な視野をもとに日本語を科学的に探求するために、7つの履修モデルを想定しています。進路や学問関心に合わせて専門性を高め、身近な日本語への深い知見を涵養します。

7つの履修モデル

国語教員志向型

日本語専門職志向型

社会言語学重点型

コーパス日本語学重点型

古典日本語重点型

日本語教師志向型

多言語学習重点型

国際コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科 new

多彩な言語を学びつつ、全員が留学を体験。世界の地域や文化への知識を深め、幅広いコミュニケーション力をつけることで、貿易や観光、運輸、マスコミ、国際関係機関など国際的コミュニケーション力を必要とする様々な分野で活躍できる人材をめざします。

こんな興味に答えます

英語だけでなく別の外国語も学んでみたい

世界の国々の文化に関心がある

在学中に必ず海外留学したい

幅広いコミュニケーション力をつけたい

4年間の流れ

1年次

英語ともうひとつの外国語や、異文化理解の基礎を学ぶ

2年次

前期に全員が海外留学し、後期は専門科目を選択

3年次

「地域」「文化」「コミュニケーション」、3つの専門科目群について理解を深めていく

4年次

専門性を高めつつ卒業研究に取り組む

4年間の流れ

4年間で身につく力

複数の外国語と異文化を学び、日本と世界を広く見渡す能力を身につける

学びの特長 01

留学前に基礎から学ぶ
多文化とコミュニケーション

言語の習得だけではコミュニケーションは成り立ちません。1年次には日本と世界の文化を基礎から学び、国際社会の多様性を把握します。また「ことば・身体・映像」では身体表現や映画・音楽など言語を介さないコミュニケーションについても学修。留学先での円滑なコミュニケーションと異文化理解を助けます。

学びの特長 02

英語ともうひとつの外国語、
複数の言語を使いこなせる力を
身につける

英語の他、全員が、中国語・コリア語・スペイン語・フランス語・ドイツ語から希望の言語を履修。留学先として選択した外国語は高度な運用能力、もうひとつの外国語も十分な意思疎通ができるレベルの力を身につけます。加えて教養科目のインドネシア語・アラビア語・ロシア語・イタリア語、専門科目のチェコ語・ベトナム語を履修することで、さらに語学力に磨きをかけることができます。

英語+中国語・コリア語・スペイン語・フランス語・ドイツ語

学びの特長 03

異文化体験と語学力強化をめざし
世界各地の大学へ。
2年次前期の全員留学

2年次前期には、全員がアメリカ・カナダ・中国・韓国・メキシコ・フランス・ドイツなどに留学します(4~5ヶ月を予定)。その準備として1年次後期は留学先の言語を強化。英語圏に留学する場合は英会話スクールとして定評のあるベルリッツ(Berlitz)の講師によるサポートも用意しています。帰国後は発表やディスカッションを通した「異文化交流ワークショップ」で、互いの異文化体験を共有します。また、複数回の留学に関してもきめ細かくサポートします。

学びの特長 04

関心のある領域をコアにして、
地球市民としての視野を広げる
3つの専門科目群

留学で身につけた外国語力をベースに、実践的コミュニケーション能力や、世界を複眼的に見る視点を養うため、外国語科目以外に3領域の専門科目群を用意。興味や目的に合った科目を自由に組み合わせて選択できます。各領域を横断的に学ぶことによって、異文化を真に理解し、新たな課題を発見できるカリキュラムです。

3つの専門科目群と授業科目の一例

CHECK!

学びの場は神田キャンパス。
新校舎も建設中!

新たな学部の学びの場は神田キャンパス。2020年4月の運用開始に向け建設が進む16階建ての新校舎には、最新設備の整った教室やゼミ室、メディアセンター(図書館/設置予定)に加え、15Fには留学生やネイティブ教員、海外に興味のある学生同士が交流できる「グローバルフロア」を設置。キャンパスにいながら、異文化コミュニケーションを体験することができます。

神田キャンパス画像

LINEtwitter
入学センター公式SNS
senshu-navi
入試に関するお問い合わせは、入学センターインフォメーションへ
神田キャンパス
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
TEL:03-3265-6677
生田キャンパス
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
TEL:044-911-0794
センディ

センディナビ