• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

2020(令和2)年度 AO入試(国際コミュニケーション学部)

趣旨

国際コミュニケーション学部異文化コミュニケ―ション学科では、本学の21世紀ビジョンである《社会知性の開発》に基づき、「広く地球規模でさまざまな社会、人々と接し、相手を理解し、自分を理解してもらうことで、将来、日本と世界を結ぶ人間」を育成することをめざしています。そこで、次のような意欲と姿勢を持った人を募集します。
・グローバルな視野に立って、積極的に他者と交流する意欲を持った人
・人間社会に対する深い関心を持ち、理解しようとする姿勢を持った人
・ 自己と異なった文化や社会と接するときに求められる、「他者に対して開かれ、公平かつ柔軟な理解力や幅の広い思考力」を身につけることをめざす人
このAO入試では、本学科の4年間の学修を活かし、社会で広く活躍するための問題解決能力を発揮する人間となるために、学力の3要素とされる(1)知識・技能 (2)思考力・判断力・表現力 (3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度について、下の①から③までの基礎力を備えているかを、学力試験による一般入試とは異なった角度から、書類審査と小論文、面接によって総合的に判定して、合否の判断基準とします。
①思考・表現の土台となる日本語の十分な能力、および外国語の基礎的な能力
②社会と文化への複眼的視点に立つことのできる十分な学修能力
③自己と他者及び社会に対する柔軟な理解力と、言語だけではない幅広い意味での主体性を持ったコミュニケーション能力
異文化コミュニケーション学科では、知識の量ではなく、主体性を持って問題に取り組み、自ら答えを見つけ出し、新たな価値観を作り出すことができる人を育てていきたいと考えています。
これまで培ってきた自分の力を、本学科での4年間の勉学によってさらに伸ばしたいと考えているみなさんに、積極的にこの国際コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科のAO入試にチャレンジしてほしいと、教員一同、願っています。

入学試験要項

「AO入試(国際コミュニケーション学部)」の入学試験要項は、6月発行予定です。

実施学部・学科/募集人員

国際コミュニケーション学部・異文化コミュニケーション学科 / 12名

出願資格

(1) 令和2年3月全日制の高等学校もしくは全日制の中等教育学校を卒業見込みの者および平成31年3月に卒業した者(外国の高等学校に留学のため、平成30年4月1日以降学年の途中において卒業と認められた者を含む。)
(2) 外国において、学校教育における12年以上の課程を修了後1年以内の者および令和2年3月31日までに修了見込みの者
(3) 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を令和2年3月31日までに修了見込みの者および平成31年3月に修了した者
(4) 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)を令和2年3月31日までに修了見込みの者および平成31年3月に修了した者

出願条件

本学国際コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科への志望理由および入学後の学修における計画と目標が明確であり、第一志望として本学科での勉学を強く希望し入学を志す者

選考方法

第1次選考(書類審査)
第2次選考(講義受講・小論文・面接)

試験日程

出願期間令和元年9月17日(火)〜9月20日(金)消印有効
試験日第2次選考 令和元年10月19日(土)
合格発表日第1次  令和元年10月11日(金)
第2次  令和元年11月1日(金)

備考

AO入試の趣旨や応募に関する注意事項などを含めた説明会を令和元年7月14日(日)に神田キャンパスで、令和元年8月3日(土)・4日(日)に生田キャンパスで開催します
第1次選考では、エントリーシートと課題小論文による審査を行います。詳細についてはAO入試要項をご参照ください
第2次選考は、第1次選考合格者に対してのみ行います
LINEtwitter
入学センター公式SNS
senshu-navi
入試に関するお問い合わせは、入学センターインフォメーションへ
神田キャンパス
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
TEL:03-3265-6677
生田キャンパス
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
TEL:044-911-0794
センディ

センディナビ