学長挨拶

専修大学学長 佐々木 重人
専修大学は、1880(明治13)年に創設されました。今年は創立140周年に当たります。相馬永胤、田尻稲次郎、目賀田種太郎、駒井重格の4人の創立者たちは、アメリカのコロンビア大学、エール大学、ハーバード大学、ラトガ-ス大学に留学し、帰国後、自ら学んだ経済学や法律学を社会に還元すべく「専修学校」を創立しました。当時、官立の専門学校には、高い学費と、「洋語に達し、原書に通ずるにあらざれば就学するを得ざれ」、という二つの大きな障壁が設けられていました。創立者たちは「創立趣旨」のなかで、こうしたハードルを取り除き、広く学ぶ意欲のある学生を募ると、専修学校創設の意義を高らかに謳いあげています。つまり、日本語による専門教育を展開することにより、近代国民国家の屋台骨を支える人材を幅広く育成しようとしたのであります。

創立140周年とはいえ、本学の歴史は決して平坦なものではありませんでした。なかでも関東大震災や第2次世界大戦の惨禍、そして2011(平成23)年の東日本大震災など、さまざまな困難に直面した歴史を持っています。しかしこれらの困難を克服し、その都度再起することができたのは創立者たちの大学への熱い思いと、それを受け継いだ教職員・卒業生・学生、そのご父母・保護者たちの尽力によるものでした。学長の私と致しましても、学灯を守り、さらに次の世代に確実にバトンタッチしていきたいと思っています。

戦後44年にわたって続いた東西冷戦時代が終焉し、世界は一極集中から、さらに最近では多極化の様相を呈しています。さまざまな国家間対立や民族紛争、また文化の領域においては宗教対立や文化摩擦などいよいよ混迷の度を深くしているように思われます。本学では21世紀の教育目標を「社会知性の開発」と定め、新しい時代にふさわしい高等教育機関としての教育目標を提起しました。それは現代の社会に生起するさまざまな課題を地球的視野に立って自ら発見し、進んで解決する能力を身につけることであります。こうした目標に基づき、本学では学部・学科の新設や再編を積極的に推し進め、「社会知性の開発」の可視化及び具体化を図ってきました。2010(平成22)年、人間の心の動きや営みを学ぶ人間科学部を新設、2019(平成31)年には経営学部にビジネスデザイン学科を、文学部にジャーナリズム学科を開設し、社会が求める人材の育成を進めてきました。
そして2020(令和2)年からは国際コミュニケーション学部を新たに設置しました。日本語のエキスパートの育成や、国際社会への理解を深めることが目的です。また、経済学部を3学科体制にし、経済学の知見を社会に生かせる人材の輩出をめざしております。

こうした大学づくりには、キャンパスの整備も避けて通れません。2014(平成26)年には、神田キャンパスでは先駆的なアクティブ・ラーニング施設を設けた5号館、生田キャンパスでは国際化時代に対応する国際交流会館が完成し、多くの学生・留学生に親しまれています。そして、創立140周年の2020(令和2)年には、専修大学の新たなシンボルとなる神田キャンパス10号館(専修大学140年記念館)が完成し、4月より運用が開始されています。知の発信拠点としての役割を果たしつつ、地域に開かれた空間としての機能を担っていくことも期待しております。

近年では企業や団体をはじめ、あらゆるところでSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)への取り組みが盛んになっていますが、これは「社会知性の開発」と非常に親和性の高い理念です。それを表すかのように、本学での日々の講義やゼミ活動でSDGsにまつわるテーマが取り上げられる機会は多く、活発な議論がなされています。専修大学のビジョンを追究することは、同時にSDGsの達成にもつながっていくであろうと確信しています。SDGs達成の目標年限は2030年。はからずも本学の創立150周年という節目の年でもあります。本学の学びがSDGsにも貢献できるよう、今後も質の高い教育を実践していきます。

そして、本学の21世紀ビジョンである「社会知性の開発」の具現化を引き続き加速し、教育・研究の発信力を強め、専修大学のさらなる飛躍の礎を築いていく所存です。

専修大学長 佐々木 重人

2020年4月掲載