障がい者支援の具体的な取り組み

専修大学では、障がい者への支援として、以下の取り組みを行っています。

(1)入学前相談

障がいのある受験生が志願する場合には、面談、施設見学等を行いながら受験方法(別教室受験、試験時間延長等)及び修学上の支援内容を検討します。
※入学試験受験上の配慮相談については、入試制度に応じて申請期間があります。詳細は、各入学試験要項をご参照ください。

(2)個別面談

入学後は、障がい学生支援室で、修学上の支援について相談・支援申請をしてください。
申請内容に応じて、障がい学生支援室スタッフ(コーディネーター等)や在籍する学部・研究科の教職員が同席して面談を行い、修学上必要な合理的支援内容について話し合い、検討していきます。

(3)配慮事項の伝達

修学上配慮してほしい事項を、ニーズに応じて教職員に周知します。授業では、配慮してほしい事項を文書等で担当教員に通知します。

(4)試験時の配慮

障がいの状況に応じ、別教室での受験や試験時間延長、解答方法の変更等の手続きを行います。

(5)各種講座の実施

正課授業として行われる「テーマ科目(ノートテイク)(手書き、あるいはパソコンを用いて大学講義でのノートテイクを行えるようになることを目標とする。)」、「教養テーマゼミナール(手話コミュニケーション~聴覚障がい者との共生をめざして~)」のほか、課外講座としての「手話講座」、「点字講習会」などが行われ、ボランティア学生の育成を行っています。

(6)学生生活支援

定期的な学生との面談を通し、学生生活上必要となる支援の確認や施設設備の改善・充実を図っています。また、学生生活上の悩みや相談事に対し、カウンセリングなどの支援も行っています。

(7)大学構内のバリアフリー化への取り組み

大学構内のバリアフリー化へ、以下の取り組みを行っています。
  • 障がい者用トイレ、車椅子用昇降機、スロープ、階段の手すり等の設置
  • 教室への車椅子用机の設置
  • 共用部での点字ブロック施設

(8)進路・就職支援

一人ひとりの特性に応じた個別相談を行い、希望する就職の実現に向けたキャリア形成や進路選択を支援します。また、障がい学生を対象としたインターンシップの案内や企業との個別相談会の実施、障がい学生のための就職情報サイト、ハローワークをはじめとする学外機関の紹介なども行います。

障がい学生支援の取り組みについて