障がい者支援の具体的な取り組み

専修大学では、障がい者への支援として、以下の取り組みを行っています。

(1)入学前相談

身体に障がいのある受験生が志願する場合には、面談、施設見学等を行いながら受験及び修学上の支援内容を検討します。受験に際しては、別教室受験、試験時間延長等の対応実績があります。

(2)個別面談

入学後は、障がい学生、学部担当教員、教務課事務スタッフの三者で面談を行い、修学上必要となる支援内容を検討していきます。

(3)教員への配慮事項の伝達

障がい学生が受講すること、受講に際し配慮してほしい事項を文書により通知します。また、必要に応じ、学生相談室カウンセラーによる所見も付されます。

(4)試験時の配慮

障がいの状況に応じ、別教室での受験や試験時間延長、回答方法の変更等の手続きを行います。

(5)各種講座の実施

正課授業として行われる「テーマ科目(聴覚障がい者支援を通して障がい者問題を考える-ノートテイクを身につけよう-)」、「教養テーマゼミナール(手話コミュニケーション~聴覚障がい者との共生をめざして~)」のほか、課外講座としての「手話講座」、「点字講習会」などが行われ、ボランティア学生の育成を行っています。

(6)学生生活支援

定期的な学生との面談を通し、学生生活上必要となる支援の確認や施設設備の改善・充実を図っています。また、学生生活上の悩みや相談事に対し、カウンセリングを中心とした支援も行っています。

(7)進路・就職支援

障がい学生に対する就職支援の在り方についてアンケート調査を実施するなどして、個々の学生にマッチした進路・就職支援を行っています。
障がい学生支援_01
障がい学生支援_01s

障がい学生支援の取り組みについて

センディ

センディナビ