専修大学文学部英語英米文学科

Department of English


 *専修大学 文学部 英語英米文学科のホームページは2018年3月1日をもって、 こちらのURL先(https://www.senshu-u.ac.jp/education/faculty/letters/eibeibun/)に移転しました。
本ホームページは上記日付をもって更新を停止し、2017年度までの活動のアーカイブとして保存されます。
長期のご愛顧を賜り、まことにありがとうございました。

ロンコープ, ピーター・D.
Peter D. Longcope

専門分野

★第二言語習得、第二言語教育

 ピーター・ロンコープです。アメリカの北東地のマサチューセッツ州出身です。1999年から日本に住んでいて2010年4月から専修大学に勤めています。

 大学院生の時アイビーリーグのペンシルベニア大学の教育大学院で教育言語学を勉強・オていました。私の卒業論文のテーマは第二言語習得における留学が及ぼす影響でした。今の研究のテーマは、第二言語習得と第二言語教育です。

 ゼミは教育言語に焦点を置いた内容言語統合型学習を取り入れています。ゼミの二年間に、学術的な議論やプレゼンテーションを行い、論文を作成します。過去に扱ったテーマには、バイリンガリズム、言語とジェンダー、言語とアイデンティティー、第二言語習得、第二言語教育などがあります。
 My name is Peter Longcope and I am originally from the northeastern area of the United States, from a small town near Boston, Massachusetts. I have been living in Japan since 1999 and have been teaching at Senshu University since April 2010.

 I studied educational linguistics at the University of Pennsylvania, Graduate School of Education. My doctoral dissertation focused on the impact of study abroad on second language acquisition. My research interests continue to be second language acquisition and second language pedagogy.

 My seminar is designed as a content-and-language-integrated-learning class with a content focus on educational linguistics. During the two years, we work on participating in academic discussions, giving academic presentations, and writing a research paper. Examples of issues in educational linguistics that are covered include bilingualism, language and gender, language and identity, second language acquisition, and second language education.
△ページの上へ

主な業績

担当科目

●2011年担当科目(学部のみ)
 ・英語英米文学入門 1,2(1年)
 ・Oral Communication 2,3(1年)
 ・英語圏事情(2年)
 ・ゼミナール I,II(3年)
 ・ゼミナール III,IV(4年)

関連リンク