専修大学文学部英語英米文学科

Department of English


 *専修大学 文学部 英語英米文学科のホームページは2018年3月1日をもって、 こちらのURL先(https://www.senshu-u.ac.jp/education/faculty/letters/eibeibun/)に移転しました。
本ホームページは上記日付をもって更新を停止し、2017年度までの活動のアーカイブとして保存されます。
長期のご愛顧を賜り、まことにありがとうございました。

黒沢 眞里子
KUROSAWA Mariko, Ph.D

専門分野

★アメリカ研究(アメリカの風景画、テーマパーク、墓地の歴史、死生観、その他)
American Studies: American landscape paintings, theme parks, American cemeteries, and death and dying

【これまでの研究経歴】
津田塾大学、筑波大学大・w院、桜美林大学大学院でアメリカ研究を専攻しました。筑波大学で美術評論家の桑原住雄先生に出会い、アメリカ美術に開眼しました。桑原先生とは、その後ニッポニカ百科事典のアメリカ美術に関する数項目を共同執筆させていただきました。大学院では、アメリカ文学と美術を融合した研究をしたいと思っていたところ、もう一つの幸運な出会いがありました。留学先の米国ペンシルヴァニア大学で著名なメルヴィル学者でアメリカ研究の推進者でもあった、ヘニッグ・コーヘン先生に師事できたことです。コーヘン先生は、当時珍しい、文学と美術をテーマとした授業を行っていました。文学と絵画の風景論に関する論文指導もしていただき、その論文は帰国後修士論文 “The Sublime in Cole’s Painting and Bryant’s Poetry: Early American Perception of Landscape” (1980年 筑波大学)となりました。アメリカの田園墓地を扱った博士論文も、「風景」への関心から生まれました。

アカデミックな経歴に加え、ビジネス経験もあります。アメリカの広告代理店J. ウォルター・トンプソンの日本法人に勤務し、広告戦略や市場調査など学ぶことができました。ビジネスの体系的な知識を得たいと、ミシガン大学ビジネススクールで一年間統計学や調査法を聴講し、ニューヨークの大手広告代理店から仕事のオファーももらいましたが、結局はビジネスではなく大学院に戻る道を選びました。しかし、ビジネスの世界も私にとって重要な経験で、それを学生に伝える努力をしてきました。ゼミ生の中から、アメリカの公認会計士(CPA)や広告に関わる人材を排出できたのも、ビジネス経験があったからこそと思っています。



【研究と関心分野】
 私の研究の特徴をあげるとすれば、学際的なアプローチと言えます。歴史、文学、美術、建築、宗教、地理などさまざまな分野をまたぐ視点・方法をとってきました。ずっと関心を持ち続けているのは、「風景」ですが、最近は、風景美学からより具体的な風景へと関心が移っています。墓園、公園、郊外住宅地、テーマパークなどです。それに関する著書として、単著1冊、共著2冊があります。単著『アメリカ田園墓地の研究?生と死の景観論』(玉川大学出版部、2000年)、共著『〈風景〉のアメリカ文化学』(ミネルヴァ書房、2011年)第9章「死者のいない墓園―ローレル・ヒルと『アルンハイムの地所』」、『アメリカ文化 55のキーワード』(・~ネルヴァ書房、2013年)47「テーマパーク」。

アメリカ研究では、広い分野に関心があります。風景の多様な様相、公園、庭園、郊外住宅地、都市、墓地など、引き続き研究を行っていますが、関心をさらに広げ、空間・場所の認識というテーマも追究しています。それに関する著作としては、共著『都市空間の再構成』(専修大学出版局、2007年)第7章「ガーデン・シティ再考――アングロ・サクソン文化における楽園都市探究の系譜」と『人はなぜ移動するのかー移動と定住の文化誌』(彩流社、2011年)(第6章 宇宙時代の移動と定住??地球は島である)があります。前者は、アングロ・サクソン文化特有の原風景とは何か、それがアメリカにどのような形で移植されたか、という問いに対するひとつの仮設から出発しています。アングロ・サクソン文化の原風景とは、緑と水の「meadow」の風景ではないか。それがアメリカに移植されたとき、「芝」と「プール」に抽象化され、ひとつの理想風景になったのではないか、このような議論を展開しています。後者は、グローバリゼーション時代の移動と定住というテーマを与えられ、いつのまにか「大陸アメリカ」から「島のアメリカ」(America as an Island)、さらには地球自体も「島」(the Island Earth) になった現象とからめて書き起こしたものですが、予想以上に面白い展開となりました。もう少し詳しい説明は、 ここをクリックしてください。



【Biography】
I was initially trained in American Studies at Tsuda College, Tsukuba University and J. F. Oberlin University. At Tsukuba, I had a fortunate encounter with Professor Sumio Kuwabara, a prominent American art scholar. My interest had expanded from literature to include arts, especially American landscape paintings. In 2003 I wrote some subjects for Nipponica Encyclopedia on American art as a co-author with Professor Kuwabara. I had another fortunate encounter with Professor Hennig Cohen, a well-known Melville scholar who was also a founder of the American Studies movement, at University of Pennsylvania where I studied for one year under his academic advice and guidance. The outcome was my master thesis, “The Sublime in Cole’s Painting and Bryant’s Poetry: Early American Perception of Landscape・h (1980, Tsukuba University). My doctoral dissertation, study on rural cemeteries, also came out of my interest in landscape.

In addition to my academic career, I have a business experience as well. I had worked for J. Walter Thompson Japan, a Japanese subsidiary of a world leading ad agency. To acquire more systematic business knowledge, I attended as an audit several classes at University of Michigan’s Business School including Business Statistics and Marketing Research. Although I was offered a job by a leading ad agency in New York, I rather chose to resume my American Studies interest and pursue academic career instead.


【Research Areas and Interests】
 What is perhaps most distinctive about my work is its interdisciplinary approach integrating history, literature, art, architecture, religion, geography and other areas. My longest standing interest is the idea of “landscape,” originally the landscape aesthetics, but now the physical landscape of cemeteries, suburbs and theme parks. I have published one book and 2 co-authored books about this: Rural Cemetery Movement in America: Landscape of Death and Life (Tamagawa University Press, 2000), "Funeral Landscape without the Dead People: Poe's 'The Domain of Arnheim', "Study on American Landscape (Minerva Shobo, 2011), “Theme Park,” American Culture: 55 Keywords (Minerva Shobo, 2013).

 I have wide interests in the field of American Studies. While I am still working on issues in various aspects of landscape such as parks, gardens, suburbs, cities and cemeteries, my research is now focusing on issues related to the perception of space and place. These include: “Garden City Revisited: Pursuit of a Utopian City in Anglo-Saxon Culture,” Reconstruction of Urban Space (Senshu University Press, 2007) and "Migration and Settlement in Our Space Age: America as an Island," Cultural History of Migration and Settlement: Why Do People Migrate? (Sairyusha, 2011). The former book was written out of my hypothesis: the “meadow” (green grass and water) is perhaps the most idealistic landscape in the Anglo-Saxon culture and when such culture was brought into the United States, the meadow was transformed into “lawn” and “swimming pool.” Thus, they became national icons in the USA. The latter book was about the migration and settlement in an age of globalization. I discussed that theme using a metaphor “America as an Island” and “the Island Earth.” When did America become “an island,” when did people begin to see Earth “an island” floating in space, and what does such change of perception mean?

△ページの上へ

主な業績

担当科目

●2013年度担当科目(学部のみ)
 ・教養英語
 ・英語英米文学入門1,2
 ・英米研究特殊講義1,2
 ・基礎ゼミナール
 ・ゼミナール1,2,3,4

関連リンク

その他

<連絡先(E-mail)>
 kurosawa [AT] senshu-u.jp


黒沢ゼミナール集合写真


△ページの上へ