専修大学文学部英語英米文学科

Department of English


 *専修大学 文学部 英語英米文学科のホームページは2018年3月1日をもって、 こちらのURL先(https://www.senshu-u.ac.jp/education/faculty/letters/eibeibun/)に移転しました。
本ホームページは上記日付をもって更新を停止し、2017年度までの活動のアーカイブとして保存されます。
長期のご愛顧を賜り、まことにありがとうございました。

上村 妙子
KAMIMURA Taeko

専門分野

★応用言語学、英語教育学、ライティング研究教育

 アメリカのペンシルバニア州にあるIndiana University of Pennsylvania (IUP)の大学院で応用言語学を学びました。IUPの英語科は、英語を母語とする学生や第2外国語とする学生を対象としたライティング研究と教育に力を入れています。この大学のプログラムに興味があ・髟々はぜひIUPのホームページを参照してください(http://www.iup.edu/graduateprograms/)。

 IUPで学んでいるうちに、日本人英語学習者がどのようなプロセスを経て英作文を書くのか、また日本人英語学習者の英作文にはどのような特徴があるのかに興味を持つようになりました。それ以来現在に至るまでライティング研究を行ってきています。博士論文は、日本人学生が外国語として英語で作文を書く際の推敲方法について執筆しました。現在は、日本人学習者の母語である日本語での作文能力と外国語である英語での作文能力にどのような関係があるのかに興味を持っています。

 IUPでは、ジャマイカ、エジプト、台湾、中国、フランスといったさまざまな国々からきた留学生に会いました。私のホストファーザーはエジプト出身で、ホストマザーはドイツ出身の方々でした。お二人は、どちらもドイツ語を話すことができたにもかかわらず、英語でコミュニケーションをしていました。それは、一方にとっての母語であるドイツ語で話すのではなく、どちらにとっても第2言語である英語で話すことの方がお互いに対して「フェア」だと考えたからでした。こうした経験を通して、私は文化の違いを強く意識するようになり、文化の違いは時には困難な壁にもなりますが、また同時に私達の暮らしを豊かにするための新たな視野を与えてくれることに気づきました。それ以来、日常生活のありふれた物ごとの下に潜む価値観や思考形式を探る試みを行なっています。例えば、レストランでの食事という一見ありふれたような行為も、文化が違えば注文の仕方や会計の仕方に至るまでその行為は大きく異なるのです。

 World Trekという高校のライティング教科書は、私が研究仲間と作成したものです。この教科書は従来の1文単位の和文英訳から脱却し、複数の文から成るディスコースとしての意味のまとまりのある英作文を書く力を育成することを目指した教科書です。話しことばによるコミュニケーションに注目が集まることが多いのですが、インターネットが普及した現在書きことばによるコミュニケーションの重要性はますます高まってきています。

 最後に私の趣味をご紹介します。私は日本国内・国外を旅行することが大好きです。少々私の自慢話にお付き合いください。これまでに日本の全都道府県を訪れたことがあります。また、これまでに、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、トルコ、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイス、チェコ、ハンガリー、フィンランド、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、オーストラリア、カナダ、アメリカ、メキシコを訪れたことがあります。これからもっと多くの国々を訪れ、多くの文化の人々に出逢いたいと思っています。
  During the 1980s I studied at the graduate school of Indiana University of Pennsylvania (IUP) in the USA. I majored in applied linguistics. The Department of English at IUP emphasizes the teaching and learning of English composition both in first language education and second language education. Please refer to (http://www.iup.edu/graduateprograms/) if you are interested in the programs at this university.

  While studying at IUP, I got interested in how Japanese EFL students compose in English and what characteristics could be found in their compositions. Since then, I have been conducting writing research. I wrote my Ph.D. dissertation on revising strategies in Japanese students’ writing in English as a foreign language. My recent research interests lie in how Japanese students’ Japanese and English writing are related to each other.

  AT IUP I met a lot of international students who were from different countries, such as Jamaica, Egypt, Taiwan, Korea, China, and France. My host father was originally from Egypt, while my host mother was from Germany, and they lived in Indiana. They spoke to each other in English, which was their second language; they thought that speaking English would be fair for both of them although both of them were able to speak German. These experiences taught me a lot about cultural differences and made me realize that those differences would give us new perspectives that could enrich our lives. Since then I have tried to find invisible values and thinking patterns of different cultures hidden in observable objects in our daily life. For example, how to eat at a restaurant, which seems quite simple, is indeed very different from culture to culture, ranging from how to order and to how to pay.

  I compiled a high school writing textbook entitled World Trek with other writing researchers. We attempted to produce a discourse-based textbook that aimed at developing Japanese students’ abilities to write a coherent composition, rather than simply providing them with practice in sentence-level translation from Japanese into English. Students are more interested in developing their speaking abilities in English than their writing abilities. However, the Internet has become prevalent everywhere in the world, and increasing attention has been paid to the importance of communication in written English.  

  I like travelling in and out of Japan. Here let me tell you what I am proud of!! I have visited all the prefectures in Japan. Also I have been to Korea, Taiwan, China, Singapore, Malaysia, Turkey, UK, France, Belgium, Netherlands, Germany, Austria, Switzerland, Czech Republic, Hungary, Finland, Spain, Portugal, Greece, Australia, Canada, America, and Mexico. I would like to visit more countries and encounter more different people from different cultures.
△ページの上へ

主な業績

 ・著書:Writing Power(共著)研究社.
 ・"Japanese students' L1-L2 writing connections: written texts, writing competence, composing processes, and writing attitudes" 関東甲信越英語教育学会研究紀要.
 ・"Integration of process and product orientations in EFL writing instruction" RELC Journal.
 ・"Composing in Japanese as a first language and English in a foreign language: a study of narrative writing" RELC Journal.
 ・World Trek(共著)桐原書店.

専修大学研究者情報データベース(研究業績一覧付)

担当科目

●2011年度担当科目(学部のみ)
 ・Special English 1,2(1年)
 ・言語と社会 I,II(3,4年)
 ・Composition 1,2 (1年)
 ・ゼミナール I,II(3年)
 ・ゼミナール III,IV(4年)

●2010年度担当科目(学部のみ)
 ・Composition 1,2(1年)
 ・英語と日本語 I,II(3,4年)
 ・教育実習 I(3年)
 ・教育実習 II,III(4年)
 ・ゼミナール I,II(3年)
 ・ゼミナール III,IV(4年)

関連リンク