2016年度 第2回 公開講演会 概要

The Body in Consumer Culture Revisited
Mike Featherstone

Abstract
‘The Body in Consumer Culture’ (1982), an early paper in what has become known as the sociology of the body, focuses on the proliferation of images of youth, fitness and beauty alongside a more general ‘if you look good you feel good’ philosophy. Within consumer culture the benefits of active body maintenance, slimming and fitness regimes are presented as keys to an overall life transformation. A further paper on the topic ‘Body, Image and Affect in Consumer Culture’ (2010) sought to go beyond the rationalistic assumptions found in some of the media life transformation publicity in television programmes such as ‘Extreme Makeover’ and ‘Look Ten Years Younger,’ which assumes people are preoccupied with reconstructing their body image. Rather, the focus should also be on ‘the body without image,’ the body in motion, the affective body which operates in everyday life. Current research involves a return to questions of the ageing body and the mask of ageing, to examine changing perceptions of beauty and the senses, as people face the exigencies of diminishing resources in later life.

『消費社会における身体』再考
マイク・フェザーストーン ロンドン大学ゴールドスミス社会学部教授
「消費社会における身体」(1982)は身体の社会学として知られる初期の論文であり、いわゆる「見栄えよければすべてよし」といった哲学と並んで、若さや健康、美容といったイメージの拡がりに焦点を当てたものである。消費文化において、身体維持活動、痩身、フィットネスといったものの恩恵は、生活全般を変革させる鍵となる。これを発展させた「消費文化における身体、イメージ、そして感情」(2010)という別の論文では、『劇的大変身(イクストリーム・メイクオーバー)』や『10年若返る』といったテレビ番組中の生活変革の宣伝文句に見られる合理的仮説、つまり、人々は身体イメージを再構築することに憑りつかれてしまっているという考えを超えようとした。むしろ、焦点を当てるべきは「イメージなき身体」であって、動きの中の身体、日常生活の中で動かす情緒的な身体であると。最近の研究では、老化する身体と老化の隠蔽に問題の焦点は回帰し、人々が人生の晩年に様々な物を失っていくという危急の事態に直面したときの美や五感の認識変化を探求している。


Tomoko Tamari
Goldsmiths, University of London

Body Image and Prosthetic Aesthetics

Abstract
The success of the Paralympic London 2012 not only revealed new public possibilities for the disabled, but also thrust the debates on the relationship between elite Paralympians and advanced prosthetic technology into the spotlight. One of the Paralympic stars, Oscar Pistorius, in particular became celebrated as ‘the Paralympian cyborg’. Also prominent has been Aimee Mullins, a former Palalympian, who become a globally successful fashion model by seeking to establish a new bodily aesthetic utilizing non-organic body parts. This paper explores how the modern discourse of prosthesis has shifted from the made-up and camouflaged body to the empowered and exhibited body to create a new cultural sensitivity – prosthetic aesthetics. Prosthetic aesthetics oscillates between two polarized sensitivities: attractiveness/’coolness’, which derive from the image of a perfect human-machine synthetic body, and abjection/uncanny/disgust which is evoked by the actual materiality of the lived body incorporating a lifeless human-made body part.

Key words: body image, prosthesis, disability, Paralympics, perception, psychoanalysis, phenomenology

「身体イメージとプロテシスの美学」
玉利智子(ロンドン大学ゴールドスミス社会学講師)
2012年のロンドンパラリンピックの成功は、障害者の社会における新しい可能性を明らかにしただけではなく、一流パラリンピック出場選手と最新の義肢技術との関係に議論を巻き起こした。パラリンピック選手のスターの一人、オスカー・ピストリウスは、特に「パラリンピックのサイボーグ」と称えられた。またやはり元パラリンピック選手のもう一人の著名人エイミー・マリンスは、人工的な身体を用いた新しい身体の美学を確立することで、世界で成功したファッションモデルとなった。この論文は、いかにプロステシス(義肢)に関する現代の論説が、作られカモフラージュされた身体から、「プロステシス(義肢)の美学」ともいえる新しい文化的感受性を作り出すように強化され見せる身体へと移行してきたかを探究している。プロステシスの美学は、二極化した感覚の間を揺れ動いている。それは、完璧なヒューマン―マシンの人工的な身体というイメージからくる「魅力的な/かっこいい」という感覚と、実際の生きた人間の体が命のない人工的なボディパーツと融合しているということから引き起こされる「惨めな/気味の悪い/不快な」という感覚である。