研究所案内


 専修大学法学研究所は,法学に関する研究及びその助成を目的として1967(昭和42)年に設立されました。現在は、東京都千代田区にある専修大学神田キャンパスに拠点を置き,専修大学法学部教員及び法科大学院教員を所員とするほか,学外に多数の客員所員を抱える研究機関になっています。当研究所においては,所員相互間及び所員と国内外の研究者との学術交流を図るための研究会活動,所員の研究成果公表の場としての図書の刊行等が行われています。

●研究会活動
 研究会活動は、所員の「研鑽の場」として当研究所の活動の基本と位置付けられており、「法学ワークショップ」と「政治学ワークショップ」に分かれて所員の研究成果の発表等を行っています。また,合宿を通しての学術交流を図る「合宿研究会」や「シンポジウム」も行われています。

●図書の刊行
 『専修大学法学研究所紀要』は,専修大学法学部及び法科大学院の紀要と一線を画すため,部門別の編集が基本方針とされ,「公法の諸問題」,「民事法の諸問題」,「刑事法の諸問題」又は「政治学の諸問題」と題されて年1回刊行されています。『専修大学法学研究所所報』は,所員の比較的短い論文や所員の研究成果の批評等を掲載し, 年2回刊行されています。

●その他
 所員の研究活動に対する援助として,所員の研究活動上有用かつ利用度の高い文献等を購入しています。

●組織(2015年度)
所長:森川 幸一
運営委員:小野 新、妹尾 哲志、滝沢 誠、出口 正義、中川 敏宏、二本柳 高信、前川 亨、        渡邊 一弘
事務局:前川 亨、渡邊 一弘