専修大学
 
 
  専修大学 社会科学研究所
 
新着情報
 
定例研究会
テーマ:新しいマルクス経済学の教科書を作る

マルクス経済学の理論のコアを再生産理論として明確に捉えたときどのような教科書構成にするべきか。併せて、再生産状態に至る「過程」を明示するならば、そこにどのような理論展開が可能になるのか。そして貨幣はいかに論じうるのだろうか。 進化経済学の観点から「闘えるマルクス」を模索します。

日時:1月21日(土)14:00〜17:00
場所:生田社研会議室(生田図書館分館5階)

報告者: 吉田雅明 所員



定例研究会
テーマ:中央銀行の独立性:再考 ―憲法的視点を踏まえ:試論―

日時:1月21日(土)16:30〜18:00
場所:神田校舎 771教室

報告者: 橋亘氏 (大阪経済大学教授 元日銀金融研究所長)

*グループ研究助成A「非伝統的金融政策の波及メカニズムに関する理論的・実証的研究」との共催です。


定例研究会
テーマ:宗教・民俗・文学における山岳と温泉

日時:  1月31日(土)15:00〜17:00
場所: 生田サテライトキャンパス スタジオB

報告者: 鈴木健郎(商学部准教授)「修験道と温泉・鉱山」
      根岸徹郎(法学部教授)「文学空間としての吉野」
      川上隆志(文学部教授)「ドキュメンタリーと温泉民俗」

*グループ研究助成A「社会における「治癒」文化の総合的研究―聖地・交易・復興拠点としての寺院・温泉・共同体」との共催です。


月報 月報641号をPDFファイルで公開しました。
年報 社会科学年報 第50号 (2016年版) (専修大学社会科学研究所)をPDFファイルで公開しました。
叢書 『社会の「見える化」をどう実現するか――福島第一原発を教訓に』(専修大学社会科学研究所 社会科学研究叢書18)を出版しました。
歴史 社会科学研究所の歴史のページを更新しました
文献資料 2014年度に入手した主な文献資料を掲載しました。

Copyright(C) 2009 Senshu University All Rights Reserved.