終身会員制度のご案内


 専修大学企業家クラブの活動が本格的に始まり3年余りになります。幹事会および事務局には、これまでに会員各位から定年退職後も会員であってもいいのかというご質問を多数お受けし、また、定年退職したため退会しますという連絡を受けることが多々ありました。
 これでは専修大学企業家クラブの設立趣旨である「経営を第一線で担う仲間、第一線は退いたが、経営のノウハウを仲間や教員、学生に伝えたいと考えている卒業生の会を創ろう」という想いが果たせなくなります。
 そのため、専修大学企業家クラブ幹事会では敬意の意を表し「終身会員制度」を創設することを決め、2013年6月の第三回総会にて承認をいただきました。会員皆様に、ご理解賜りますようご案内申しあげます。
 尚、終身会員制度については、2013年6月の第三回総会にて会則変更を行ない、専修大学企業家クラブ会則の第6条にて規定しましたので、会則をご確認ください。


終身会員制度


〔資格要件〕

(1)60歳以上の方
(2)年会費完納者


〔納入会費〕

・65歳以上の方は、3万円を一括納入すること
(注意:毎年の会費を徴収しません)
・60歳以上の方は、5万円を一括納入すること
(注意:毎年の会費を徴収しません)



注意事項

その年度の4月1日時点で60歳以上の会員が対象となります。この終身会員制度による会費納入をご希望の会員は、専修大学企業家クラブ事務局まで御一報下さい。手続書類をお送りいたします。