専修大学企業家クラブ 第2回総会にあたって






平成24年5月26日
専修大学企業家クラブ・代表幹事 増田 勉

 代表幹事の増田でございます。会員の皆様には、「専修大学企業家クラブ」へのご支援・ご協力をいただき、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

専修大学図書館


(写真提供 高市氏)

 また、今回の総会前に見学させていただきました、専修大学の図書館には、非常に驚かされました。ナポレオンのエジプト遠征の詳細なスケッチとか、所蔵されている本の数とか、卒業生はいつでも使用できるそうです。是非皆様の来館をお薦めいたします。

専修大学図書館見学の光景


(写真提供 高市氏)

 さて、昨今の経済情勢は、ドル安、ユーロ安、株安が重なり、一方では、東日本大震災からの復興問題、夏の電力問題、クリーンエネルギー化促進といった、大きな課題解決が、待ったなしで押し迫って来ております。皆様におかれましては、益々、経営の舵取りが難しくなって来ているのではないかと懸念しております。
 台湾総統選挙に始まり、3月のロシア選挙、プーチン大統領の誕生、5月はフランスの選挙でオランド氏が勝ち、新大統領に就任。エジプトでは「アラブの春」後、初の「自由の1票」が投じられた、大統領選挙が行われています。以降、10月に中国、11月に米国、12月に韓国と控えております。
 こうした中、我が国でも、9月に民主党代表選挙、野党第1党の自民党総裁選挙が行われる予定です。
 スポーツ面では、ロンドン五輪が7、8月に開催され、大いに日本国民が元気を取り戻すことができるでしょう。
 このように、激動の2012年ですが、見方によっては大震災の後の日本人が、日本人であることを、しっかり見つめ直すチャンスを与えられた時期と、いえるのではないでしょうか。是非、日本人の‘底ヂカラ’を発揮する時だと思います。
 専修大学企業家クラブも、昨年の11月に発足しはや半年になりました。当初の目的である、「企業人と教育者のコラボレーション」や、「知識向上を目指した勉強会」を2回開催するなど、その後の懇親会、幹事会も4回開催し、少しずつですが活動の場を増して来ています。ホームページにおきましても、専修大学経営研究所のサイトでスタートすることが出来ました(注1)。
 今後は、年度・活動計画の遂行を円滑にするために、ホームページでの情報提供を充実するかたわら、経営学部や、他学部で開催する「大学院講座」などとの連携を深めてまいりたいと思います。
 その他に、事務局機能の強化や、下部機構の検討をしていき企業家クラブの成長を促す予定でおります。
 終わりに、企業家クラブ・会員の皆様には、「幾多の経験」を総括しいただき、教育の場として後輩に伝授する機会を設けることや、同窓の力を結集して、専修の新たな光を導き出すお手伝い、更には、母校、専修大学の発展、並びに「企業家クラブ」の発展に、協力をいただけますようお願いして、「第2回企業家クラブ総会」の私の挨拶といたします。

以上



(注1)企業家クラブのウエブサイトには、専修大学経営研究所からアクセスできるほか、直接、検索サイトから「専修大学企業家クラブ」と入力し検索しても、アクセスできるようになりました。