◆専修経営研究所年報第10号(1985年刊行)



  • 工藤達男(代表)「Ⅰ マイクロエレクトロニクスの社会的影響 (総括報告)」,pp.1-4
    工藤達男「わが国におけるOA化の進展とマネジメントへの影響」,pp.5-27
    今居謹吾「経営情報の意義と活用」,pp.29-50
    大滝精一「ネットワーク型組織への新しいパースペクティブ」,pp.51-76
    岡田和秀「ME化の明と暗-SE労働の実態の一側面-」,pp.77-95
    奥田和彦「ME化の企業調査についての覚え書-問題点の摘出と予備的分析-」,pp.97-119
    加藤茂夫「ME化における組織問題-実態調査からのアプローチ-」,pp.121-144
    関口功「人事管理情報システムのME化について」,pp.145-165
    高澤十四久「オフィス・オートメーション化の経営組織と経営管理に及ぼす影響」,pp.167-187
  • 櫻井通晴(記)「Ⅱ 会計と情報」,pp.189-189
    黒川保美「国際会計基準とEC第7指令」,pp.191-201
    瓶子長幸「運動ビランツ論の展開-成果指向的運動ビランツ論と流動性指向的運動ビランツ論-」,pp.203-219
    本江渉「会計規範の社会的機能-制度会計への構造機能分析的アプローチの試み-」,pp.221-259
  • 中山雅博(幹事)「Ⅲ 会計と法」,pp.261-262
    伊藤不二洋「SECの開示概念への一つのアプローチ」,pp.263-268


  • ←前に戻る


    Copyright (C)2010 Senshu University. All Rights Reserved.