◆専修マネジメントジャーナル(Senshu Manegement Journal)

Vol.5 No.1 (2015)

 一ノ宮士郎「IFRS(国際財務報告基準)は高品質な会計基準か?-デジタル分析によるドイツ企業の検証-」,pp.1-11
 植竹朋文・青木章通「リゾートホテルにおける収益管理のあり方の検討-インタビュー調査に基づく検討-」,pp.13-24
 塗茂克也「<研究ノート>中小企業の東南アジア進出におけるHRM 上の課題-異文化に対応することの重要性-」,pp.25-35
 岩田弘尚「<資料>コーポレート・レピュテーションに関する質問票調査の結果報告」,pp.37-46

SMJ掲載論文は専修大学学術機関リポジトリ(SI-Box)からダウンロード

→専修マネジメントジャーナルバックナンバー




◆専修経営研究所年報

第35号

 渡辺展男「チューニング機能を活用した整数計画問題の解法-引っ張り型生産指示方式の数理計画モデル-」,pp.1-28
 佐々木浩二「大正期・昭和前期の増資」,pp.29-50
 櫻井通晴「レピュテーション・マネジメントの企業内部管理の方法-管理会計など企業の内部管理の手法による評判管理-」,pp.51-71
 梶原勝美「ケーススタディーフランスのブランド「ルイ・ヴィトン」」,pp.73-94
 蔡イン錫,廣石忠司「コンテキストと組織行動:労働者派遣法が派遣社員の組織行動に及ぼす影響」,pp.95-115

専修経営研究所年報は専修大学学術機関リポジトリ(SI-Box)からダウンロード

→専修経営研究所年報バックナンバー




◆専修大学経営研究所報

第186号

 笠原伸一郎「多国籍企業の進化とその理論的変遷-新産業における技術革新による企業のグローバル展開-」,pp.1‐23

第185号

 田口冬樹「グローバル・リテーラーの経営戦略:ウォルマートのグローバル戦略と日本市場での展開」,pp.1‐4

第184号

 橋田洋一郎「製品デザインの反復露出と消費者の選好」,pp.1‐13

専修大学経営研究所報は専修大学学術機関リポジトリ(SI-Box)からダウンロード

→専修大学経営研究所報バックナンバー



◆Working Paper

No.0005

 梶原勝美 [2009]「ブランド・マーケティング体系(00)-あとがき、「ブランド・マーケティングと私」」  pp.1-32

No.0004

 梶原勝美 「ブランド・マーケティング体系(0)-はしがき、「ブランド・マーケティングと私」」,pp.1-6

No.0003

 Takafumi Korenaga 「Business withdrawal,regional economic conditions, and public policy:Evidences from Japanese spinning
 industry in declining stage,1966-84」,pp.1-41

→Working Paperバックナンバー



←前に戻る

Copyright (C)2010 Senshu University. All Rights Reserved.