在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 大学案内 > 大学の取り組み > 21世紀ビジョン
大学案内
大学案内
専修大学入試情報サイト

21世紀ビジョン - Vision for the 21st Century -

社会知性の開発をめざす - The Development of Socio-Intelligence -

 専修大学は、1880年(明治13)に設立された私立専門学校(学校名「専修学校」)を基礎とし、時代の進展とともに発展してきました。創立当初の本学は、他校に先駆け経済科と法律科を併設し、経済学と法学の複合教育によって日本社会の近代化を担う人材を育成し、130年にわたり社会・経済の運営を担う実践的な人材を育んできました。

 21世紀の今日、グローバル化の拡大と異文化交流の進展、情報化の加速、少子高齢化の進行など、我々が取り組まなければならない課題が山積しています。これらの社会的課題を解決するためには、地球的視野から諸問題を捉える力、創造的発想力、さらには深い人間理解や倫理観が求められます。

 こうした新時代の社会で求められる知性こそ、「社会知性」だと専修大学は考えます。それは、学生一人ひとりが自己実現に生かせる知であると同時に、「専修大学が創り育てる知」でもあります。21世紀において本学は、社会知性開発大学としての道を歩むことになります。

社会知性とは… 「専門的な知識・技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により社会の諸課題の解決に取り組んでいける能力」である。

現在までの主な取り組み

GPA制度の導入(2015.4)
eキャンパス推進委員会設置 (2004.4)
セメスター制度の拡充

ビジュアルアイデンティティ