在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
学部・大学院

7学部・17学科と大学院5研究科13専攻、法科大学院があります。学部・大学院トップへ

学部一部(昼間部)
学部二部(夜間部)
大学院・法科大学院
社会貢献・連携

地域社会、産官学などと連携した活動や取り組みをご紹介します。社会貢献・連携トップへ

社会・地域との連携
東日本大震災への支援・対応
環境・安全への取り組み
ホーム > 大学案内 > 大学の取り組み > 創立130年記念事業 > 盛大に専修大学創立130年記念式典と祝賀会
大学案内
大学案内
専修大学入試情報サイト

盛大に専修大学創立130年記念式典と祝賀会

鳩山首相も祝いのメッセージ

 9月16日に創立130年を迎えた専修大学の記念式典と祝賀会が大学記念日の10月30日、東京のホテルニューオータニで盛大に開催された。

 式典では、日高理事長・学長の式辞のあと、川端達夫・文部科学大臣(清水潔審議官代読)、日本私立大学連盟の八田英二副会長(同志社大学長)、日本私立学校振興・共済事業団の石川明理事から祝辞があり、富山尚徳・専務理事が謝辞を述べた。

 会場を移しての祝賀会では、教職員、卒業生、ご父母ら1000人が参加。挨拶に立った日高義博理事長・学長は「これからも“キラリと光る”大学であり続け、次の世代にバトンを渡したい」と語り、人間味のある温かい大学を目指すと強調した。

 1981年から3年間経営学部助教授として本学の教壇に立った鳩山由紀夫首相から祝辞が寄せられた。同首相の曽祖父にあたる鳩山和夫・元衆院議長は、米国留学中に専修大学の前身・専修学校の設置構想に加わり、4人の創立者に準ずる存在であったことを披露。「130年という伝統と実績のうえに専修大学がさらに発展することを期待する」と紹介された。

 甘竹秀雄・校友会長、創立者の建学の軌跡を小説にした『蒼翼の獅子たち』作者の志茂田景樹氏、学徒出陣旗手の川島東氏(昭19専政経)と祝辞が続き、菅沼堅吾・育友会長の乾杯の音頭でなごやかに開宴。

 専修大学と同附属高校、同松戸中・高校のチアリーダーメンバーのジョイント演舞、パフォーマンス書道、石黒吉次郎文学部教授による「創立130年記念短歌」などが披露され、会を盛り上げた。最後に荒木敏夫副学長が謝辞を述べた。

 式典に先立ち「創立130年記念事業資金 募金感謝状贈呈式」が行われ、14団体と23人に感謝状が贈られた。

 

■祝辞の要旨はこちら
 志茂田景樹氏祝辞(要旨)(PDF形式)川島東氏祝辞(要旨)(PDF形式)

記念式典

式辞:日高義博 理事長・学長
▲式辞:日高義博 理事長・学長
祝辞:川端達夫 文部科学大臣(代読) 清水潔 文部科学省審議官
▲祝辞:川端達夫 文部科学大臣(代読)
  清水潔 文部科学省審議官
祝辞:八田英二 日本私立大学連盟 副会長(同志社大学長)
▲祝辞:八田英二 日本私立大学連盟
  副会長(同志社大学長)
祝辞:石川明 日本私立学校振興・共済事業団 理事
▲祝辞:石川明 日本私立学校振興
  ・共済事業団 理事
謝辞:富山尚徳 専務理事
▲謝辞:富山尚徳 専務理事

祝賀会

挨拶:日高義博 理事長・学長
▲挨拶:日高義博 理事長・学長
祝辞:甘竹秀雄 校友会長
▲祝辞:甘竹秀雄 校友会長
祝辞:志茂田景樹氏
▲祝辞:志茂田景樹氏
祝辞:学徒出陣の際、本学旗手を務めた川島東氏
▲祝辞:学徒出陣の際、本学旗手を務めた
  川島東氏
乾杯挨拶:菅沼堅吾 育友会長
▲乾杯挨拶:菅沼堅吾 育友会長
「センディ」をイメージした氷彫刻
▲「センディ」をイメージした氷彫刻
アトラクションで祝賀演奏をする専修大学フィルハーモニー管弦楽団
▲アトラクションで祝賀演奏をする
  専修大学フィルハーモニー管弦楽団
大学・高校・中学生のチアリーダー約40人によるジョイント演舞
▲大学・高校・中学生のチアリーダー
  約40人によるジョイント演舞
130年記念短歌を披露する石黒吉次郎文学部教授
▲130年記念短歌を披露する
  石黒吉次郎文学部教授
書道家 矢部澄翔氏のパフォーマンス
▲書道家 矢部澄翔氏のパフォーマンス
石黒教授の短歌から「究」「光」「充」「社会知性」を書く
▲石黒教授の短歌から
  「究」「光」「充」「社会知性」を書く
謝辞:荒木敏夫副学長
▲謝辞:荒木敏夫副学長
 

 

 

 

最終更新:2009/11/02