在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 社会貢献・連携 > 社会・地域との連携
社会貢献・連携
社会貢献・連携
専修大学入試情報サイト

社会・地域との連携 - Regional Partnership Activities -

本学では、大学所在地の川崎市・千代田区をはじめとした社会・地域とさまざまな活動で相互に協力を行っています。今後も諸機関との連携を推進し、本学の21世紀ビジョン「社会知性の開発」を地域に向けて発信していきます。

 専修大学は、知的発信を通して研究力を社会に還元するとともに、その結果をもって社会・地域への貢献目指しております。  新たに開設したサテライトキャンパスは、「知の発信拠点」として駅前という地の利を生かし、大学のミッションの一つである地域貢献・社会貢献の場として、総合インフォメーション、生涯学習、公開講座、大学の教育研究成果の発表等の事業を展開してまいります。

(株)ケイエスピーとの相互交流

[(株)ケイエスピー/専修大学] (2006年6月~)

 本学では、起業家を目指す学生を支援するため「ベンチャービジネスコンテスト」「ベンチャーワークショップ・入門講座」などが行われていますが、同社と共同で行う個別相談や共同研究、プロジェクト、学術講演会などを通して、いままで以上に実践的な指導が可能となります。

(株)ケイエスピーは、神奈川県と川崎市などが出資したベンチャー企業育成施設「神奈川サイエンスパーク」を運営する第3セクター。「夢オフィス」では1年間は家賃が無料など、さまざまな支援体制をとっている。現在、本学の学生が設立したベンチャー企業2社が入居している。

高大連携

[神奈川県・東京都の高等学校/専修大学](2003年4月~)

 高校と大学間における教育交流として「高大連携」の動きが全国的に広がっている中、本学も地域の高校と「教育交流に関する研究協定」を結び、幅広い相互交流を展開しています。

 高校生が大学の授業を聴講生として受講するほか、「教職版インターンシップ」など、従来の枠を越えた取り組みを行っています。

高大連携協定校(カッコ内は開始年度)
  1. 神奈川県立川崎高等学校(平成15年度)
  2. 神奈川県立生田東高等学校(平成15年度)
  3. 神奈川県立海老名高等学校(平成16年度)
  4. 神奈川県立百合丘高等学校(平成16年度)
  5. 神奈川県立横浜桜陽高等学校(平成16年度)
  6. 東京都立狛江高等学校(平成17年度)
  7. 神奈川県立座間総合高等学校(平成21年度:協定更新)
  8. 神奈川県立荏田高等学校(平成18年度)
  9. 神奈川県立元石川高等学校(平成18年度)
  10. 東京都立成瀬高等学校(平成18年度)
  11. 神奈川県立港北高等学校(平成19年度)
  12. 神奈川県立麻生高等学校(平成19年度)
  13. 神奈川県立神奈川総合高等学校(平成19年度)
  14. 東京都立大田桜台高等学校(平成21年度)
  15. 神奈川県立湘南台高等学校(平成26年度)
教育交流提携校一覧(カッコ内は開始年度)
  1. 埼玉県私立浦和学院高等学校(平成28年度)


専修大学と川崎市との連携・協力に関する基本協定

 2008年10月3日、専修大学と川崎市は、連携して相互の人材育成・人的交流の推進を図るとともに、相互の人的資源、知的資産や地域資源を活用した地域振興事業等に向け、連携・協力して取り組む基本協定を締結しました。

 2001年度の川崎市との覚書に基づく「KSパートナーシップ・プログラム」は、引き続き専修大学と川崎市が連携・協力する同基本協定に基づく各事業の総称として使用されます。

【参考記事】

KS(川崎・専修)ソーシャル・ビジネス・アカデミー

 ソーシャル・ビジネスとは、地域活性化・少子高齢化・環境問題・貧困など、多様な社会的課題の解決に向けてビジネスの手法を活用する取り組みをいいます。

 専修大学では、川崎市との共同事業として、ソーシャル・ビジネスへの参加や起業を目的とした社会人向けの講座を実施しています。学者による理論的な講義、実務家等による実践的な講義、さらには現場研修と、多彩な学びを提供してます。

【参考記事】

KSパートナーシップ・プログラム[川崎市/専修大学] (2001年4月~2008年10月)

 「大学と自治体の役割を相互に認識し幅広い学問を通して学術活動を有機的に連携し、相互に地域社会に貢献すること」を目的に、大学と川崎市の間で「KSパートナーシップ・プログラム」として相互連携の覚書を交わしました。KSのKとは、Knowledge(学問)を表し、SはSociety(社会)を表します。両者の新しい創造の場が生まれたことを記念して、KSのKを川崎市、Sの専修大学を併せて標榜するものとしてネーミングされました。

 2008年10月に締結された『専修大学と川崎市との連携・協力に関する基本協定』(前項参照)に伴い、覚書は失効いたしますが、「KSパートナーシップ・プログラム」の名称は引き続き、同基本協定に基づく各事業の総称として使用されます。

【参考記事】

多摩区・3大学連携協議会

[多摩区/日本女子大学/明治大学/専修大学] (2005年12月~)

 川崎市多摩区内に立地する3大学(専修大学、明治大学、日本女子大学)と川崎市(多摩区)は、平成17年12月2日、協定の締結により多摩区・3大学連携協議会を設立しました。

 この協議会を中心に、大学の持つ知的資源や人材を活用して、地域社会との連携に積極的に取り組み、区民の皆さんと一緒に地域課題の解決に向けた実践的な活動を展開しています。

【参考記事】

 

UIターン就職を促進

[UIターン就職促進協定締結県/専修大学] (2016年7月末現在)

 専修大学就職部では地方自治体と就職支援協定を相次いで結んでいる。現在、9県と協定を締結、7月に協定を締結した北海道札幌市は政令市では初。地方へのUターン、出身地以外の地方に就職するIターンを促進し、次代を担う人材の育成と地域活性化を図る。

 UIターン就職促進協定締結県 

 ・群馬県  ・茨城県  ・栃木県  
 ・長野県  ・山形県  ・新潟県   
 ・静岡県   ・秋田県  ・札幌市