在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

学芸員課程

 学芸員とは、博物館において、資料の収集、展示、保管、調査研究、その他これに関連する社会教育的活動などの専門的な仕事に携わる職員です。ここにいう博物館は、美術館、歴史資料館、考古資料館、民俗資料館、民芸館、文学館、文書館、動・植物園、水族館、科学館などあらゆる分野の公・私立の施設を指しています。

 こうした博物館に勤務するためには、学芸員の資格を有することが必要です。博物館法第 5条第 1 項第 1 号に、学芸員は「学士の学位を有する者で、大学において文部科学省令で定める博物館に関する科目の単位を修得したもの」と規定されています。

 本学の学芸員課程は、人文系の歴史・考古・民俗・美術史等を専門とする学芸員を養成することを目的とし、さらに実習を重んじて、少人数教育を行う点は他大学に無い特色です。