在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

司書課程

 司書課程は、公共図書館、大学図書館、研究機関や企業の資料室などで、資料(図書、雑誌、CD、DVD、官公庁出版物、その他)を収集・整理し、利用者に対して適切に提供する専門職(司書)の養成を目的としています。

 生涯学習社会といわれる今日、公共図書館や大学図書館の果たすべき役割は非常に大きく、利用者に対して的確で高いレベルのサービスを提供できる素養のある人材が求められています。また民間企業が、資料の組織化や情報サービスに関する高度な能力をそなえた人材を求める場合もあります。司書はまた一部の学校図書館(小・中・高等学校等)にも配置されています。

 とはいえ、現在有資格者はあふれています。したがって安易な受講は何の役にも立ちません。各図書館から要求される人材は「実力のある人」「専門知識のある人」であり、単なる有資格者はむしろ敬遠されるといっても過言ではありません。図書館司書となってからも、自ら努力して絶えず専門性の向上をはからなければなりません。この課程を受講する人は、旺盛な知識欲と広い読書、それに専門分野についての十分な研鑚とが必要です。

 こうした社会の今日的な要請を背景として、本学では多くの優秀な人材を社会に送り出すべく充実した教育内容を提供しています。