在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 学部・大学院等 > 新たな学士課程教育
学部・大学院

新たな学士課程教育 - New Undergruadate Curriculum -  

専修大学「新たな学士課程教育」の導入にあたって

 専修大学は、21世紀におけるビジョンとして「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」を掲げ、教育・研究活動に取り組んでおります。

 「社会知性の開発」とは、「専門的な知識・技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により主体的に社会の諸課題の解決に取り組んでいける能力」であり、この「社会知性」を涵養する教育によって社会の屋台骨を支える有為な人材を輩出することこそ、本学が果たすべき使命であると考えております。

 このような新しい時代にふさわしい教育目標のもと、本学では教育の質の向上を図り、国際通用性のある学士力を育むとともに、大学教育への社会的な期待に応えるべく、本学の個性と特色に基づく歴史的な教育改革に果断に取り組んでまいりました。そして、2014(平成26)年4月より新たな学士課程教育を導入することといたしました。

 従来、学士課程教育は「教養教育」と「専門教育」という2つの領域で構成されていましたが、新たな学士課程教育においては、高校から大学教育にスムーズに入るための「転換教育」を新たに設置し、大学での学びの基礎を固める「導入教育」、「教養教育」、「専門教育」と併せ、4領域に再編成しました。そして、専門領域の如何を問わず、多様化する現代社会を生き抜く知力を身につけ、4つの領域を経ることによって基礎から応用の段階にスムーズに移行できるよう科目群を編成しました。さらには、複雑化する現代社会を様々な視点や広い視野から理解することを目的に、「教養教育」と「専門教育」を並行して学びつつ、それらをつなぐ「融合領域科目」も設置しました。このような科目編成により、高校と大学、教養と専門の間のギャップをなくし、大学生・社会人として汎用性の高い知識や能力を確実に身につけることができます。

 本学では、この度の新たな学士課程教育の導入を契機に、学生と教員の関係がより親密なものとなるよう、アクティブ・ラーニングのような能動的な授業形態を積極的に推進するとともに、それに適したキャンパス整備を進めていく所存です。そして、新たな学士課程教育を中核とする総合的な取り組みにより、国際社会の中で幅広い見識を身につけ、世の中を多角的に俯瞰(ふかん)することのできる人材を育成したいと考えております。

概要 

 大学における「学び」は、中学や高校の勉強とは異なり、一人ひとりが自分で「学び」を選択し、自ら研鑽することが求められます。つまり、大学における「学び」は、受動的、画一的な「学習」ではなく、能動的、自律的な「学修」と言えます。

 一般的に、大学の教育課程は、学問の基礎を学び人間力を養う「教養科目」と特定の分野を専門的に学ぶ「専門科目」とに分けられ、大学での学部段階の4年間は、大学院における修士課程や博士課程に対して「学士課程」と呼ばれています。

 2014年4月から導入される専修大学の新たな学士課程教育は「転換教育課程(専修大学入門科目)」、「導入教育課程(専修大学基礎科目)」「教養教育課程(教養科目)」および「専門教育課程(専門科目)」の4つの領域からなる「三層構造」となっており、教育課程全体の体系性・順次性が確保されるとともに、かつ教養教育と専門教育の有機的連携が図られています。

 「転換教育課程」では、大学での学びや生活にスムーズに適応できるよう、少人数の「専修大学入門ゼミナール」において、専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる基本的なスキル(技法)を身につけます。
 続く「導入教育課程」では、大学や社会で求められる必要不可欠な基礎的知識や技能を修得します。「導入教育課程」は、「専門教育課程」および「教養教育課程」に進むための、言わばゲート(入口)となります。
 「教養教育課程」と「専門教育課程」も、基礎から応用へと段階的に学修できる科目配置となっています。「教養教育課程」には人文科学基礎関連科目・社会科学基礎関連科目・外国語系科目・自然科学系科目・保健体育系科目の5つの系統からなる科目群があり、基礎科目で興味を持った分野をより深く学べるようになっています。多様な「教養科目」の中から各自の興味や関心を深化、発展させたり、専門分野を多角的に考察したりすることで、社会に通用する力を確実につけることができます。また、今日的かつ学際的・融合的な科目も用意されています。

 専修大学の新たな学士課程教育では、「社会への第一歩」を力強く踏み出せるように「学び」の道筋を示し、その教育の質を保証しています。

 

gakushi_fig03.gif

 

5つのポイント

1.大学での学び方を身につける「専修大学入門科目」を設置 

高校までとはまったく異なる大学生活だから、専修大学入門ゼミナール(1ゼミ当たり約20~25名)で、大学での学びや生活にスムーズに転換できるようにします。

 


 2.大学での学びの基礎を固める「専修大学基礎科目」を設置

教養・専門教育の入口として、大学で、そして社会で求められる必要な知識と技能・能力を伸ばしていくための基礎科目(基礎統計学、キャリア教育関連科目、情報リテラシー関連科目、基礎自然科学、外国語基礎科目、スポーツリテラシー)を全学的に展開し、履修できるようにしました。

 


 3.興味・関心を深化させる「教養科目」を強化

専修大学基礎科目をさらに充実させた内容を興味と関心に応じて人文科学基礎関連科目、社会科学基礎関連科目、自然科学系科目、外国語系科目、保健体育系科目からバランスよく履修できます。違う分野から見ることで自分の専門分野を別角度から捉えることができます。

 

語学修得を越えた異文化理解ができる「新科目」を展開

語学修得以外の科目として、海外文化や社会など異文化理解につながる科目を新たに展開します。

 

専門科目に隣接する分野の「科目」を充実

学部・学科ごとの関連性を考慮して、人文科学と社会科学の科目をリニューアルします。複雑化する現代社会に対応する新科目も設置しました。

 


  4.専門と教養をつなぐ「融合領域科目」の設置

複雑化する現代社会を様々な視点や広い視野から理解するために、教養科目と専門科目を結びつける融合領域科目を充実させます。

 


5.「専門科目」をさらに強化

専門科目も基礎から応用・発展的内容への段階的な科目配置とし、高等学校までに学ぶ機会のなかった分野についても、しっかり基礎から学ぶことができます。