在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

法学部

 専修大学の前身は1880年(明治13)に創立された「専修学校」である。ハ-ヴァ-ド、イエ-ル、コロンビアなど、米国東部の由緒ある大学で法律学を研鑚した人たちが、日本語で法律学を教授する学校として創立したものである。したがって法学部の歴史は、すなわち専修大学の歴史ともいえる。創立者たちは、当時すでに開校されていた慶応義塾の夜間法律科ならびに「さんしゃ塾」の法律経済科において講義行っていたが、それに満足できずに法律・経済を専門に優秀な人材を育成すべく自ら専門学校を創立し、これを「専修学校」と名付けた。

 開講時は経済科と法律科の2科を設置し修業年限を2年と定めたが年を追うごとに学生数が急増し、1883年(明治16)には修業年限を3年に改め、1885年(明治18)7月には現在の神田校舎の敷地に新校舎を築いた。1884年(明治17)から判事登用試験が実施され私立の法学校からも登用されることになった。専修学校は1886年(明治19)に私立法律学校の特別監督学校に指定され、卒業生の中から試験に合格した者が順次判事として登用された。1888年(明治21)特別認可学校規則が設けられ、専修学校は特別認可学校となった。この認可を受けた学校を卒業すると高等試験の受験資格が認められた。

 しかし、法律科については1885年(明治18)ごろから同種の法律学校が増えたため1891年(明治24)に高等試験が中止された。そのため法律科は志願者数が激減し、明治26年から昭和2年法学部の予科生を募集するまでの35年間、やむをえず募集を停止した。1918年(大正7)に大学令が公布され官立大学と同じ地位と特権を与えられた。1922年(大正11)経済学部と法学部および大学院を設置したが法学部は依然として授業を停止されていた。その後、震災や戦争など幾多の困難を克服し、1949年(昭和24)新制大学としてスタ-トした。同時に法学部と商経学部を設置し、それぞれ昼間部と夜間部の2部制が組織され1954年(昭和29)には法学研究科修士課程、さらに1959年(昭和34)には博士課程を増設し現在に至っている。

 法学部はこの間に多数のすぐれた法律家を輩出した。今村力三郎もその一人である。専修学校卒業後弁護士となり、50有余年の間人権擁護に一生をささげたのである。後に専修大学の総長も務めたが、自分は生涯弁護士であるとその職務に誇りをもっていた。このような伝統ある法学部では、現在は単なる法律知識を身につけるだけでなく、広い視野を持って適切な判断のできる人材を育成することを目指している。


二部法学部の学びのスタイル