在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

商学部

 商学部は、1905年(明治38)、日清・日露戦争後の日本における商権の東洋全体への拡大対応した商業技術者の育成を目的に設置された「商科」に始まる。これは既設の理財科を経済学科と改称し、新たに商科を設置したものである。しかも夜間の専修学校に昼学として商科が設置されたのである。さらに 1907年(明治40)には大学部高等予科・大学部(経済科・商科)・専門部(同)の学生募集が行われている。これは、同年に、山口高等商業学校、長崎高等商業学校が開講され、1908年(明治41)に東京帝国大学の法科大学に経済学科が、42年に商業学科が、そして43年には小樽高等商業学校が設立されていくのと同じ先端的措置であった。

 その後、商科は1911年(明治44)に一時廃止されるが、1917年(大正6)には専門部に計理科が、1928年(昭和3)には商業科が増設され、翌年には学部・専門部全科が昼夜間部二部制をとるに至った。こうして商学および会計学の二分野が併置されることとなり、とくに明治開学以来の夜間授業により、働きながら学ぶというわが大学の伝統を生かしながら、多くの専門実務家を官財界に送り込むこととなった。とくに、1927年(昭和2)の「計理士法」公布以後、計理科は多くの合格者を出し、「計理専修」の伝統を生み出していくのである。

 戦後、新制大学への移行にともない、商業・計理の二学科は経済学部と合流してできた商経学部の商業学科となった(1949年)。その後、商経学部は1963年(昭和38)に経済学部と改称したが、商学および会計学の研究・教育の必要性を重視する本学は、1965年(昭和40)に商学部(同二部)を分離独立させた。1968年(昭和43)に増設された会計学科とともに41周年を迎えている。商学部は、専修大学全体の、自由な研究、批判的精神、人間と平和と民主主義を尊重するという環境のもとで、国際的視野と商学・会計学関連の高度な専門知識と豊かな教養と創造性を身につけ、産業社会の変革に主体的に対処していくことのできる若き人材の育成を目的としている。

 特にマーケティング学科(2006年度より商業学科を改称)においては、流通・サービス産業等を中心とする経済界全体における指導的人材の育成を目標としており、内外の商業経済に関する理論とその応用、とくに流通経済に関する研究を通じて、新しい時代感覚に合致したカリキュラムの実践に力をおいている。また会計士、税理士など専門会計人の育成に加えて、財務会計・管理会計を習得した有能な企業人の育成に努めている。商学部二部においても、この2コースを体系的に学習できるようカリキュラムが編成されており、昼間部と同じ精神の教育が実現されている。


二部商学部の学びのスタイル