在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

転換教育・導入教育・教養教育課程

 専修大学の学士課程教育(学部段階の教育)のうち、転換教育課程と導入教育課程の科目は1年次に学び、その後の教養教育課程と専門教育課程での学修につながっていきます。教養教育課程の科目は、興味や目的に合わせて、学びたい授業を選べるように構成されています。人文科学基礎関連科目と社会科学基礎関連科目は所属する学部・学科の専門科目の学修につながるような科目が用意されています。外国語系科目・保健体育系科目・自然科学系科目は4年間を通じて学ぶことができます。外国語系科目でいえば、学部・学科の必修の外国語を修得した後に、さらにレベルの高い外国語を学び、留学に臨むのもいいでしょう。興味から学ぶ楽しさを知ることは、自分の志向や判断軸を形成することにもつながります。

学びの特徴

転換教育課程

 転換教育課程で開講される科目は「専修大学入門ゼミナール」です。図書館などの施設を活用し、学修に必要な資料の探し方も身につけます。さらに専修大学の教員が作成した「知のツールボックス」などを通じて、資料のまとめ方や発表の仕方など大学生にとって必要なスキルも学びます。充実した大学生生活に欠かせない科目です。

導入教育課程

 導入教育課程で展開される科目の中で、「キャリア入門」と「あなたと自然科学」は専修大学ならではの科目です。「キャリア入門」では皆さんが自信を持って最適なキャリアをデザインできるようになることを目的としています。「あなたと自然科学」では、自然科学の分野の成果が皆さんの生活や社会とどのように関わっているのかについて学んでいきます。
 社会から求められ、社会で活躍できる素養を、これらの科目で養ってほしいと思います。

教養教育課程

レベル別に学べる多彩な外国語

 グローバル社会を見据え、外国語系科目では英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、インドネシア語、コリア語の8ヶ国語をレベル別に学べます。イタリア語とアラビア語も選択できるほか、異文化理解につながる講義科目も開講されています。

 

多面的にスポーツをとらえる

 スポーツを科学の視点で考える「スポーツウェルネス」やスポーツをライフスタイルに取り入れていけるスキルを身につける「アドバンストスポーツ」を学べます。「オリンピックとスポーツ」、「人類とスポーツ」など理論的に学ぶこともでき、従来とは異なる視点でスポーツをとらえます。

 

偏りのない豊かな知を育てる
 1・2年次に履修する人文科学基礎関連科目と社会科学基礎関連科目には、社会・人文科学系総合大学の強みを活かした様々な科目が用意されています。自然科学系科目は物理学、化学、生物科学、宇宙地球科学、科学論・科学史、数理科学といった広い分野を網羅するとともに、実験や観察で自然科学を身近に学ぶこともできます。

興味を喚起する自由な学び

 融合領域科目は、各学部における専門科目とは異なり学際的で複合的なテーマを扱います。またひとつのテーマについて多方面からのアプローチが存在することを学生に示しながら、どんな社会現象や自然現象にも複数の側面(多面性)があり、それらの間に複雑な関係性があることを明らかにしていきます。これによって、学生の思考力に総合的な分析力や判断力が加わることがこの科目の最大の目的です。

従来の学問領域を横断する学際科目・テーマ科目・新領域科目

 特定のテーマについて、複数の教員やゲストスピーカーが独自の視点で解く「学際科目」。「コミュニティってなんだろう」(*)は防災、ビジネス、スポーツ、地域といった観点からコミュニティについて考える講義です。そのほか、「食の安全とリスクコミュニケーション」(*)や「コンテンツの制作と産業」(*)など多彩な科目が展開されています。
*いずれも2014年度開講の科目であり、2015年度以降は名称・担当者が変更されることもあります。

学部を越えて学ぶ「教養テーマゼミナール」

 教養テーマゼミナールは自然科学から演劇、スポーツ、文化、政治、都市論まで幅広い研究テーマを用意しています。全学部を対象に開講しているため、学部の専門領域を越えた学際的な視点を身につけることができるだけでなく、学部を越えた学生間の交流もできます。それぞれの研究テーマを深く学び、考察した場合には、その結果を論文にまとめ「教養テーマゼミナール論文」を提出することもできます。

(2014年度は、「教養ゼミナール」として開講。 教養ゼミナールの「ゼミナール・プロジェクト紹介」ページはこちら。)