在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 学部・大学院等 > 法科大学院 > 法科大学院入試情報 > 飛び入学の制度変更について
法科大学院
学部・大学院

飛び入学の制度変更について

2015年4月20日更新
 
平成28年度入学者選抜試験(2015年度実施)から飛び入学の出願資格を変更します。
・飛び入学による出願を法学既修者にも認めます。
・飛び入学による出願資格は下記の通りです。 
  飛び入学を希望する者は上記にかかわらず次の条件を満たす者(法学未修者・法学既修者)
   現在、大学学部3年次に在学し、次の各号のすべての条件を満たす者
   (1)2年次までに、卒業要件単位のうち70単位以上修得している者
   (2)2年次までに修得した単位の70%以上の学業成績が、在学している大学の100点満点中80点以上で
             あること
   (3)3年次終了時に、4年次配当科目を除く、すべての必修科目の単位を修得することが見込まれる者
   (4)3年次終了時に、卒業単位の70%以上を修得することが見込まれる者
     なお、休学の期間は、在学期間に含めないものとする。また、入学者選抜試験に合格した後に、上
     記(3)及び(4)に定める単位及び学業成績を修めることができないことが確定した場合、入学を取り
             消す。 
 
飛び入学受験予定者も適性試験の受験が必須となります。
詳しくはこちらをご確認ください(法科大学院全国統一適性試験のページへ移動します)。