在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 学部・大学院等 > 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
学部・大学院

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 
- Curriculum Policies (Policies on Design & Implementation of Curriculum) -

学部

 専修大学は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる資質や能力を身につけるための教育課程として、各学部・学科に設置する科目を体系的に編成し、講義・演習を適切に組み合わせた授業を行います。教育課程、教育内容・方法、学修成果の評価方法については、以下のように方針を定めます。

(1) 教育課程

 一部は、教育課程を「転換教育課程」、「導入教育課程」、「教養教育課程」および「専門教育課程」の4つの領域で、二部は、「教養科目」および「専門科目」で構成し、教育課程全体の体系性・順次性を確保し、かつ教養教育と専門教育の有機的連携を図ります。

(2) 教育内容・方法

1. 転換教育課程(専修大学入門科目)

 転換教育課程では、少人数演習形式の「専修大学入門ゼミナール」を設置し、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる技能や能力(読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力)を身につけます。
2. 導入教育課程(専修大学基礎科目)

 導入教育課程では、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視点をもつための基礎となる内容を学修します。同時 に、大学で学ぶときだけではなく、生涯学ぶうえで社会においても必要とされる基礎的な力を身につけます。授業は、各科目の目的に応じて、講義または演習形 式で行います。
3. 教養教育課程(教養科目)

 専修大学における教養教育は、各学部・学科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識・技能を学び、異なる視点から問題にアプローチすることを目的としています。

 教養教育課程では、こうした学部・学科を超えた普遍性を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成するために、「人文科学基礎関連 科目」、「社会科学基礎関連科目」、「自然科学系科目」、「融合領域科目」、「外国語系科目」および「保健体育系科目」で構成しています。

4.

専門教育課程(専門科目)

 専門教育課程では、専門的な知識・技能とそれに基づく思考方法や、主体的に問題の解決に取り組む能力を身につけるために、それぞれの学科において、基礎から発展・応用的内容へと段階的な科目配置にしています。
(3) 学修成果の評価方法

 学修成果を評価するため、各学年の学生を対象とした調査を行うとともに、各授業形態に応じた方法によって、学修成果を評価します。

 講義科目は、その学修内容に応じて、定期試験、授業内テスト、レポート・課題、リアクションペーパーなどを用い、単なる知識の獲得だけではなく、理解の深さ、論理性、表現方法について評価します。

 演習科目は、レポート・課題、プレゼンテーションなどを通じて、問題を理解し、自らが得た知識を活用して論理的に解決策を見出し、その結果をニーズに対応した手段で発信することができるかを評価します。

 
 

法務研究科(法科大学院)